FreelyApps

個人によるアプリ開発の日記です。アプリの収入だけで生活できるようになるのが目標です。UnityでAndroid向けのゲームアプリを作成しています。


    アプリ『トランプ・7並べ』を公開しました。
    Android/iOS https://goo.gl/zsFces

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    Google ウェブマスター ツールというGoogleのサービスがあります。
    Googleの検索で表示されるようにするために登録すると良いみたいです。

    「FreelyApps」とググっても以前は検索できなかったのですが、
    現在はこのページが見つかるようになっています。
    おそらく効果があったのだと思います。

    新しいホームページを作ったりすると、特にリンクがないためにGoogleの検索の仕組みでは見つからないようです。
    ウェブマスター ツールに直接URLを登録すれば、サイトの存在を知らせることができるので、検索できるようになるということです。
    サイトを登録するには、持ち主かどうかの確認があります。
    いくつかの方法があるようですが、私はGoogle Analyticsを設置していたのでそれで認証しました。

    Google AnalyticsとGoogle ウェブマスター ツールの違いをざっくり説明します。

    • Google Analyticsはサイト内でユーザーがどのようなことしているかを知るためのツール

    • Google ウェブマスター ツールはサイト外からユーザーがどのようにやってきたのかを知るためツール


    分析する範囲が違うので組み合わせて使うのが良いようです。


    現在はウェブマスターツールではなくGoogle Search Console(サーチコンソール)に名称が変わっています。割と最近のことなので、今のところウェブマスターツールで検索した方がいろいろな情報が得られると思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    アンドロイダーというアプリの紹介サイトがあります。
    公認デベロッパーという認証制度があり、私も登録してみることにしました。
    住所や電話確認がなされるため、アプリを公開する人が実在する証明になります。
    ユーザーはある程度アプリの作成者を信頼することができるのだと思います。

    レビューをしてくれること、セキュリティチェックをしてくれることは非常にありがたいです。
    アプリの作成者ではなく、第三者が行うことが重要です。
    どうしても作った本人は公平には見にくいのです。

    FreelyAppsのアンドロイダーでのページは以下になります。
    アンドロイダー公認デベロッパー認証

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    Twitterのアカウントを作成しました。


    私は少ししか使ったことがなかったので、今まで作成していませんでした。
    いろいろな用途がありそうなので、今回利用することにしました。

    特に重要なのが宣伝です。
    アプリの作成をしただけでは全くダウンロードされないという状況なので、なんとかそれを増やしたいと思っています。
    そのためにはまずアプリの存在を知ってもらうことです。
    私のようにテレビや新聞などの広告が出せない場合、自分で宣伝していく必要があります。
    このブログもその一環なのですが、Twitterの方が拡散されて広がっていくという違った魅力があります。

    より気軽でゆるいつながりが敷居を下げてくれるのではないかと期待しています。
    どのような活用になっていくかは試行錯誤で決まってくると思います。
    ブログの機能でTwitterと連携できるそうなので、まずはそれをやってみたいと思います。

    今後はリリースするアプリ内からツイートすることができるようにするといったことも検討中です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    アプリの収入だけで生活できることが目標ですが、
    これは具体的にどういった状態なのでしょうか?

    生活にはお金がかかります。
    衣食住が基本的にかかるとして、娯楽、交通、医療、交際、税金など様々な費用がかかります。
    これらを払うことができ、少しずつでも貯金できる程度の収入が得られたとき目標を達せられたと言えると思います。

    現在、私は雇われた身です。
    それによって給料を毎月得て生活しているわけですが、
    この給料分を稼ぐことができたなら、現在の仕事を辞めることが可能です。
    アプリに専念するもよし、アプリが自動的に稼ぐなら、自由に過ごすもよしという理想的な状況です。
    つまり、給料分の稼ぎを得ることを目標にすれば良いことになります。

    一般的に月に20~50万円くらいが給料の水準ではないでしょうか。
    まずは月に20万円が目標となります。
    これも今すぐには難しい目標です。

    あまりに難しい目標ではやる気がなくなってしまいますから、
    月に20万円をアプリで稼ぐというのは大きな目標として、
    小さな目標も立てることにします。
    わかりやすい目標としては、金額とDL数があります。
    私の目標がアプリで稼ぐことなので、小さい金額を目標に設定するのが良いと思います。

    1.合計千円を得る。
    2.月に千円を得る。
    3.合計一万円を得る。
    4.月に一万円を得る。
    ということ達成していきたいと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    以前の記事でMeasurement Protocolを使って、アプリのイベントを計測しようとしていました。
    ユーザーがどのステージに入ったとか、どの画面に入ったことなどを計測することでゲームの改善やバグの発見に役立てることができるからです。

    調べていると、海外で実装できているサイトがありました。
    さっそくダウンロードし、試してみると動きました。
    私のコードと比較して何が違うのか調べたところ、送信しているパラメータに違いがありました。
    anというアプリケーション名を指定するものを送る必要があったのです。
    公式の解説にも設定は必須ではないとあるので、気づきませんでした。
    これを設定しないと計測できないので、解説が不十分であると思います。
    より正確に言うと、モバイルアプリをトラッキングするという設定にした場合にanが必須ということです。

    Google Analyticsの「新しいプロパティ」を作る画面でトラッキングの対象をモバイルアプリと選んでいました。
    計測対照がアプリなのだから適切であると思います。
    ただし、結果的にはこれがうまくいかない原因になったのです。

    トラッキングの対象をモバイルアプリに選んだ場合、
    Measurement Protocolで情報を送るにはv,tid,cid,t以外にanが必須ということです。

    http://www.google-analytics.com/collect?v=1&tid=UA-XXXXXXXX-X&cid=0&t=event&an=YourAppName
    みたいにすれば計測ができます。
    anの値はプロパティ名と関係なくても計測できました。
    存在していることが重要みたいです。

    問題が解決して良かったです。
    公式のページに載っている情報に足りない情報があるというのは、困りましたね。

    このページのトップヘ