apkファイルというのはAndroidのアプリを作ったとき、最終的に出来上がるファイルのことです。
このファイルをDeveloper Consoleで登録することでアプリを配信することができます。

中身はアプリのプログラム、画像、音、AndroidManifestなどが含まれています。
AndroidManifestというのはAndroidのアプリでは重要なファイルです。
xml形式で書かれたアプリの設定をまとめたものです。
このAndroidManifestの設定で起動する画面を決めたり、権限を割り当てることができます。

アプリをビルドしてapkファイルができたとき、AndroidManifestが正しく設定されているか確認したい時があります。
Unityを使っている場合は、AndroidManifestをプラグインのために使用すると最終的に出来上がるマニフェストファイルがどうなるか分かりにくいです。Project Settingsで指定したAndroidManifestのための設定とファイルとして存在するAndroidManifestがマージされるのです。
AndroidManifestが正しくないとアプリが動かないこともあるので、どうなっているか確認したいわけです。



apkの中にあるAndroidManifest.xmlの確認方法は以下の通りです。

apkファイルを用意します。XXXXX.apkのような名前だとします。
apkという拡張子をzipに変えます。
そうすると解凍することができるので解凍します。(Windowsならダブルクリックするだけ)

解凍したフォルダにAndroidManifest.xmlというファイルがあるはずです。
これが見たいファイルなのですが、バイナリになっています。
このままだとわかりづらいので、xmlのバイナリ形式をテキスト形式にしてくれるツールを使います。

AXMLPrinter2.jarというツールをまずDLします。
置き場所はどこでも良いので、自由においてください。

java -jar (AXMLPrinter2.jarのパス) (バイナリ形式のxmlのパス)
というようにしてツールを実行すると、テキスト形式になったxmlが表示されます。



コマンドを実行するのが良く分からない場合は、
AXMLPrinter2.jarをデスクトップに置き、見たいAndroidManifest.xmlもデスクトップに置きます。

アクセサリ->コマンドプロンプトを選択し、cdコマンドでデスクトップに移動します。
その場所でjava -jar AXMLPrinter2.jar AndroidManifest.xml > output.xml
を実行すればoutput.xmlがテキスト形式のマニフェストファイルになっています。