やることは単純です。Everyplay の開発者サイトにログインします。
ダッシュボードというタブを押すと、ゲームの一覧画面になります。登録してなければ何もないはずです。

 「ゲームを登録」というボタンを押しましょう。
evp-create
上のような画面が出ます。なぜか英語表記になります。Everyplay の開発者サイトに行けばわかるのですが英語と日本語が混じっています。翻訳途中ですという主張が感じられます。
「What is the name of your game?」なので、ゲーム名を入れれば良いです。作成を押しても登録できるとは限りませんが……

試しにtestと入力して作成してみてください。
こんな感じに登録を拒否されると思います。
evp-deny

使われている名前は登録できないので、これを知っているかどうかは非常に重要です。

私も名付けたかった名前が既に登録されていてアプリ名を変えることにしました。この名前登録システムは改善した方が良いと思っています。既にあるゲームにEveryplayを入れた場合、ゲーム名を変えて登録するしかないのは嫌だからです。
今はEveryplayに登録できるかは早い者勝ちなので、アプリ名が決まっているなら実装する前に登録だけしておくことをお勧めします。名前が取れるかわからないので、いくつか試してみて取得しておくのも良いかもしれません。

名前さえ被らなければ作成ボタンを押すだけで登録は完了します。
一般情報タブにクライアントID、クライアントシークレット、リダイレクトURLが表示されています。これらはEveryplayを使うために必要なアプリ固有の情報です。

一般情報タブの下の方にある「強制プライベートモード」をチェックして変更の保存ボタンを押すと動画が公開されなくなるので、開発中はこれをしておく方が良いでしょう。リリースしたらここのチェックはしてしまうとEveryplayの価値が下がる気がします。