Unity4ではモバイル版のAudioClipの圧縮はMP3で行われるようになっていました。MP3はライセンス的に厳しいです。ここに具体例が挙がっていますが、ゲームで5000本以上配布したら$2500という料金というものです。タイトルごとということなので、1作ごとに約30万円程度の利益がでないと赤字です。

Unity5ではモバイル版のAudioClipの圧縮がOgg Vorbisに変わっています。すべてのプラットフォームでOgg Vorbisがデフォルトになったようです。

公式の解説はまだ更新が遅れているようで、Unity4のときの解説が残っています。いずれ更新されると思います。
以下は2015/6/25時点でスクリーンショットを撮ったものです。一番下のPlatform specific detailsという項目があり、モバイルの音データの圧縮はMP3になると書いてあります。

audioclip-miss

ライセンス料が発生すると困る場合もあるでしょう。私も困る一人です。
気になったのでUnityに問い合わせたところ問題なかったということでした。