副業とは主な収入を得る仕事があって他に仕事をする場合のことを指します。私の場合で言うと会社員として雇われているので、本業は会社員となります。
副業はそれ以外の仕事なので、例えばアルバイトだったり他の会社の給料だったりします(私自身は本業以外の仕事はしていませんが)。副業という厳密な定義はわかりませんが、大体の意味としては収入を得る目的で行う本業以外のことになるのでしょう。

色々理由はあると思いますが、仕事をしていると副業をして儲けたいというのは一度くらいは考えるのではないかと思います。私はしょっちゅう思っています。隣の芝生は青いということです。

副業自体はいっぱいあります。ものによっては本業に影響が出るくらい大変なものがあります。深夜にコンビニでアルバイトするとかは時間的には可能でしょうが、体力的には辛いものだと予想されます。
タイトルにあるように副業としてアプリを作って儲けるということはどうでしょうか。疲れることは当然あるのですが、自分で作ってリリースも自分で行うならスケジュールには融通がききます。誰かに雇われるとそうはいきませんし、自分の判断が絶対ということにもなりません。何かを作って世に出すというものは、自分の力で何とかするものになります。それが楽しいと感じるなら、アプリを作って儲けるということも楽しいと思います。

私はゲームが作りたいので、アプリを作るということしています。市販のゲーム機向けに作るのは個人では厳しいし、儲からないでしょう。ゲームの市場としても近年はスマホ向けの売り上げが多くを占めるようになり、盛り上がりのある分野です。私にできそうでしかも大きな成功があるかもしれないという夢があるので、作ってみるかということで続けています。
成功してアプリだけに専念したいと思っていますが、今すぐにアプリだけに専念しようという気にはなりません。それは単にリスクの取り方の問題です。今のところ専念したからといって生活できそうもないからです。