10/28に「トランプ・ナポレオン」を2.0にアップデートしました。

今回のバージョンアップは通信対戦の追加です。 その名の通りインターネットを使ったオンラインゲームを行えるようになりました。ナポレオンをすることに変わりはないので、対戦する人数は2~5人になります。

ナポレオンは元々トランプゲームであり、対人戦が面白いものです。アプリを作ったことで手軽に遊べることは良かったのですが、やはり対戦したいという気持ちがありました。今回はそれを実現できたと思うので非常に良いアップデートだと思っています。
後はどれくらいのユーザーが使って対戦できるかというところです。現在だとユーザーが少ないので対戦できるだろうかという心配があります。ダウンロードが増えてくれればいいのですがそう簡単ではないので、このアプリを遊んでくれた人が一緒に遊ぼうというように広まってくれることを期待しています。(各レビューサイトにレビューの申請とかできることはしていきます。)

Screenshot_2015-10-25-19-19-27
 上のように通信対戦を行う人がルーム(待ち合わせ場所)に入ってくるとリストに追加されていきます。2人以上が参加すると開始ボタンが押せるようになり、ゲームを始めることができます。2人の場合は3人がAIにより処理されます。
ここに表示されている名前は設定の中に「名前変更」 を用意したので、そこで設定した名前が表示されています。(レイアウトの関係で6文字まで、全角にするとレイアウトがそろいます。)

トランプ・ナポレオンではUnity Multiplayerを使って通信対戦を実装しています。Unity5.1から入った機能ですが、まだ試験的というか使っている人も少ないと思います。クライアントサーバーモデルのゲームを作れるように設計されたり、マッチングサーバーが用意されたりしています。
ドキュメントだけしかない状況で資料が少ないため、このアプリが参考になるかもしれません。