MVNOを使えばスマートフォンにしても料金が抑えられるということで携帯電話をスマートフォンに変えました。それにあたってSIMフリーのスマートフォンが必要になったのですが、新しく用意することにしました。

既にAscend G6という端末を買っていたのですが、 処理能力が低く電池の持ちも悪いので良い端末を買おうと思いました。Ascend G6は廉価なのでスペック不足なのはしょうがないのです。むしろ一番気になったのは発熱でした。通話中にこれだけ熱くなったら嫌だなあというのが、電話として使うのにためらわれた理由でした。
Ascend G6はスマートフォンの便利さを教えてくれましたが、物足りなさがあったのです。

最終的にはNexus 5Xを買ったわけですが、他にも候補がありました。
も良さそうな端末だと思いました。これらは大きさが小さめでそれなりの性能の端末です。Androidの更新がされていくなら、これらの端末もアリだと思います。開発機としても使いたいことを考えると、Androidの更新がサポートされないのは大きなデメリットです。Nexus 5はAndroidの更新がサポートされていますが、今だと少し性能が低い感じです。
値段は新品でXperia J1 Compactが4万円くらい、Xperia Z3 Compactが5万円後半くらい、Nexus 5が4万円くらいです。Xperia Z3 Compactは4万円くらいだったのですが、今は結構高くなってしまいました。

一番Nexus 5が良さそうだと 思ったのですが、新型のNexus 5Xが既に出ていてどちらにしようか迷いました。性能が優れ新しいAndroidを搭載しているので、Nexus 5Xを買うことにしました。ちょっと値段が円安の影響で高かったのが微妙ですが、それ以外ではかなり満足できる機種だと思います。(最新のAndroidを入れたい人でなければあまり魅力的ではないかもしれませんが……)


最も便利だと思った機能は端末の背面にある指紋認証機能です。スリープ状態で登録した指を指紋認証部分に当てるとロックが解除されます。
これはやってみると非常に便利な機能であることがわかります。普通は電源ボタンを押してパスワード認証を経て使えるようになります。パスワード設定しないことはないでしょうから、いちいち認証するのは結構な手間です。指紋認証機能では指を当てるだけなので、ほんの数秒で済みます。たまに通常のパターン認証などを求められますが、ほとんどは指紋で認証されます。
また指紋認証ができたかが振動でわかるようになっています。成功すると短く1度振動し、失敗したら短く2度振動します。持ってみると違いは明らかなので、手元を見ずに操作ができます。