3/28に「トランプ・ナポレオン」を3.1にアップデートしました。
Android6.0のパーミッションシステムの変更により、 アプリのスクリーンショットを保存できるかの判定を入れないとSNSの連携時にファイルを正しく送れないということになりました。これに対応する方法は以前記事にしましたが、トランプ・ナポレオンがしばらく更新していなかったのでチェックに時間がかかりました。

今回のアップデートではAIにも手を入れています。
ナポレオンと副官は役札(オールマイティ、正ジャック、裏ジャック)を持つことがほとんどで、どちらも役札を持っていることがよくあります。 ナポレオン軍としては役札を分散して出したいわけですが、マストフォローのため意図せず被ってしまうことがあります。
基本的には副官はなるべく後に役札を出せばいいのですが、ナポレオンが持っていると思われる役札次第では少し早目(7~8トリックくらい)に出した方が良いです。ナポレオンが副官を選ぶときに指定したカードが裏ジャックとすれば、オールマイティ、正ジャックを持っていることが推測できます。こういう場合8トリック目にしてもナポレオンがそれらを出していないなら、副官は裏ジャックを出すべきだと言えます。9、10トリック目をナポレオンの役札で取ると考えているはずだからです。
AIの修正はこのような役札を出すときの思考の改善になります。 

また、セイム2についても改善をしています。2は最弱のカードなので、真っ先に処分されるカードです。セイム2があるときは、セイム2が起こり得るならなるべく温存するカードになります。
以前のAIでは、2が捨てる候補に入りやすかったです。今回の修正では、セイム2の可能性があるスートの2については捨て札の候補に入りにくくしています。絵札とかの兼ね合いもあるので100%温存とはなりませんが、3とかに比べれば捨てられにくくなります。 

アップデートの内容を解説してみましたが、ナポレオンに詳しくない人だと何を言っているのかわからないと思います。ざっくり言えば、AIが強化されたということです。