私は会社員をやっているので、開発時間を長く取ることは難しいことです。平日は定時に退社したとしても18時30分程度にはなるので、そのあと開発しようとすると相当短いです。

まず最も重要なことなのですが、残業をしません。 これを守らないと開発時間は全くと言っていいほどとれません。なので残業はしないものと決め、終わらなかった仕事は明日に回します。
適当に仕事を終わらして、とっとと帰ることが大事です。(まあ終わらなくても帰れば良いんです。)決まった時間働いていれば解雇なんてできませんから、大した問題はありません。

定時に退社して、18時30分には帰ります。おなかがすいているので、夕食をとらなければいけません。自分で作ると時間がかかるので、外食に行きます。夕食後には開発があるので、あまりにも待つものや胃が持たれるものは避けます。 
夕食に1時間くらいかかるので、落ち着いてくるのは19時30分~20時くらいになります。そこからゲームを作り始めると、2時間くらいが限界です。2時間でも22時くらいになりますから、金曜日でなければ明日の準備があります。
掃除やお風呂、そして就寝。できれば0時には寝ていたいので、やはり22時くらいまでが限度です。ゲーム開発だけするわけでもないので、このように時間がとれないことも普通です。

2時間でできることは少ないです。アイコンを考え始めて作るだけでも終わらないかもしれません。作業は区切りが良いところで終えておかないと、次にやるときに大変になります。制限時間内に終わらすため、発想を要求されるような作業や長くかかると思われるものはやらないようにしています。そういったものは時間の取れる週末にやったほうが私は効率的だと思います。
細かな作業ごとでどれくらいかかりそうかを予想してから行う癖はついたように思います。これによりやる前からやる気がなくなることもあります。