『トランプ・17ポーカー』を作るのにかかった時間は約21時間でした。予想していたように短い時間で作ることができたと思います。「トランプ・ポーカー ~5カードドロー~』を使いまわすことができたというのが最も大きな理由です。

ポーカーのルールはそのままであり、使うカードを限定したものが17ポーカーです。そのため配られるカードに制限をかければゲームとして成り立つので、ここの修正はほんのわずかです。
大きな修正点は4人のプレイヤーが2人になったことによることです。この対応は処理とUIの修正となります。また、ゲームの内容が大きく異なるためAIの対応が必要になりました。
3change

4人のプレイヤーが2人になることでUIは2人分のものに変わります。これは4人のものから2人削除すればとりあえずは動きます。見た目を直すのは当然必要ですが、そのままでも動きはするので開発にはそれほど優先しなくても大丈夫でした。

17枚のカードを使うポーカーであるといってもゲームの内容はかなり違います。少ないことで引けない状況もありますし、相手のカードを非常に推測しやすくなっています。そのため、AIは相手のカードを予測して自分の手札が強いのか弱いのかを考える必要があります。
単なるポーカーであれば、相手のカードはほぼ予測できません。賭け方から強そうかもということや交換の仕方からワンペアくらいはできてそうということが予想できるくらいです。主に自分の手札がどれくらい作りにくくて何番目に強いポーカーハンドなのかから勝負に行くか決めるくらいです。

AIとUIで半々くらいの時間を使ったところだと思います。
初日に星5がついたりして出だしはよかったはずなのですが、あんまりダウンロードされなくてやはりマイナー(スマホで遊ぶユーザーには)だったかもという気がしています。