FreelyApps

個人によるアプリ開発の日記です。アプリの収入だけで生活できるようになるのが目標です。UnityでAndroid向けのゲームアプリを作成しています。


    アプリ『トランプ・ジン・ラミー』を公開しました。
    Android/iOS https://goo.gl/PYKFYG

    カテゴリ: iOS

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    10/6に「トランプ・17ポーカー」の公開ボタンを押しました。この記事を書いているときにはまだストアには上がっていない状況です。もうしばらくすればストアから配信されるでしょう。

    Android/iOSの同時リリースなのですが、iOSのリリースについて問題が少し起きました。トランプ・17ポーカーの審査は問題なく通ったのでアプリではなくiTunes Connectの問題です。

    手動で配信時期を決めるようにしていたのですが、審査が終わってあとはリリースボタンを押すだけというところでリリースボタンが押せなくなりました
    disable-release-button

    リリースボタンが押せないことをGoogleさんに聞いてもAppleのことだからか知らんぷり。そんなわけで今日は無理なのかもと思いつつ、適当にいじっていたら押せるようになりました。

    【解決方法】

    デベロッパによるリリース待ちという状態は、覚悟ができたらリリースボタンを押してくれという意味です。しかしながら押せないことが起こりました。
    この状態では審査が通った後なので、ストアの情報はほぼ変更できません。変更できないところをいじるとエラーと警告されます。

    以下のバージョンのリリースという項目が変更可能でした。手動か自動でリリースです。手動でリリースが選択されていたのですが、これを自動にして保存すると、”このバージョンをリリース”ボタンが押せるようになりました。自動にしたものを手動に再び戻しても、リリースボタンが押せるようになっていたので、これで問題なくなりました。
    howto-release

    ”このバージョンをリリース”ボタンが押せないときは、バージョンのリリースという項目を変更し、保存するとリリースボタンが押せるようになるのかもしれません。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    iOSアプリ配布への道のり」に書いたようにMacBookが手に入り、iOSのアプリのリリースへ向けて動き出したところです。

    まずは最も新しいAndroidアプリであるトランプ・アメリカンページワンを移植することにしました。これはUnityのバージョンが新しいということでアップデートによる影響が少ないためです。
    Macにプロジェクトを持って行って、ビルドするとUnityエディター上では普通に動きました。これこそがUnityの大きな利点なわけですが、問題が起きずにそのまま動いたのですごいと思いました。UNITY_ANDROIDの定義によるところを少し直したくらいです。
    iOSのビルドでは2段階を踏みます。UnityでのビルドではXcodeのプロジェクトが作られます。この先はXcode上でビルドをしてアプリを実機にインストールするというようになります。iOSのアプリはすべてXcode上で作らなければならないということです。(Androidではここら辺が自動で行われ、APKが得られるので楽なんですが。)

    Xcode 7からはApple Developer Program(AppStoreにアプリを配信するには契約が必要)に参加しなくても実機にアプリをインストールできました。とりあえずアプリが作れるのか試すという意味では無料であるというのは良いです。実機の方でアプリを信頼するかという質問に答えれば使えるようになりました。
    Apple Developer Programを契約するとアプリの作成時の署名等が変わります。このあたりが過去の情報だとかなり大変だというかわかりづらいそうですが、現在はすべてXcodeがFix Issueと割と自動で直してくれます。

    「AdMobの対応の情報で正しいものがどれなのか?」ということが一番迷いました。色々な方が問題に遭っているようで自分が遭遇したものを順番につぶしていくしかない感じです。AdMobのUnity向けのプラグインを使っているのですが、Google Mobile Ads SDKをiOSでは追加する必要があります。Unityのプロジェクトに入れたほうが楽ですが、Xcode上で後から追加しても良いようです。このSDKをWindowsでダウンロードしたものを使うとなぜか駄目でMacでこのSDKをダウンロードしないとうまくいきませんでした。
    まあそういうものらしいですが、納得いかないですね。

    トランプ・アメリカンページワンをiOSに移植がほぼ完了したので、予約を受け付けることにしました。 
    他のAndroidアプリも順番に移植を進めていきます。 一つ完成させられれば、あとはそれに倣っていくだけです。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    MacBookの購入」 で注文していたMacBookが届きました。予想していたよりも1週間ほど遅くなったのですが理由があります。
    クレジットカードでの購入だったのですが、高額な商品のため本人に電話で確認するということが必要でした。 メールでこの番号に電話してというものが来て、かけてみたのですがつながらずどうしようかという感じでした。(内線の不具合っぽい? 担当部署が海外みたいだし。)仕方ないのでApple Store コールセンターに電話をしたら、Appleから電話をかけてくれるということになりました。
    それで何回目かの電話で出て、無事注文が行くことになりました。 注文が行くと翌日にはiPod touchが届きました。注文が通るまでが一番時間がかかりましたが、そのあとは順調でした。

    MacがあればiOSアプリを出せるというようにはいきません。様々な設定などがあります。開発も大変ですが、こういったセットアップや環境構築も相当大変なものです。
    徐々に進めていってアプリを8月中にはリリースできればと思っています。

    Macが来てやったことは、
    1. 箱を開ける。
    2. 取り出して鑑賞。
    3. 置くところを見つける。
    4. 電源を入れる。
    5. 初期設定。
    6. Apple IDを作る。(iCloudのメールアドレスで設定した方が良いみたいですが、気づいた時にはGmailにしていた。) 
    7. とりあえず触ってみる。
    8. アップデート。
    9. Xcodeをインストール。
    アップデート自体もアプリのインストールということでApple IDが必要です。個人情報の入力があったりと結構面倒でした。

    まずはアプリを作れるところまでいかなければなりませんね。 

    このページのトップヘ