FreelyApps

個人によるアプリ開発の日記です。アプリの収入だけで生活できるようになるのが目標です。UnityでAndroid向けのゲームアプリを作成しています。


    アプリ『トランプ・ジン・ラミー』を公開しました。
    Android/iOS https://goo.gl/PYKFYG

    カテゴリ: 日記

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1月のPVは4711でした。
    2016-1pv

    先月とほぼ同じですが少し減りました。Unityのバージョンも5.3になり多少記事が陳腐化したことが原因でしょうか?
    理由はわかりませんが、まあ頑張って書いていくこと以上に改善する方法はありません。

    2月は新しいアプリ「トランプ・ゲスイット」のリリースを予定しています。現在機能的な実装は完了し、広告のコードの設定と動作確認をしている状況です。予定通り2月の中旬にはリリースするつもりです。
    もっと早く完成させたかったのですが、仕事のせいで時間がとれずに遅れてしまいました。 このあたりは仕方がないと言いたくないのですが、やめるわけにもいかないので悶々としながら働いているところです。

    3月以降また新しいものを作りたいと考えているので、それについてはどれくらいの作業時間で完成できるのかを測ってみたいと思っています。今のところ感覚的に何十時間だろうという曖昧な程度でしかないので、正確なところを知りたいのです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    ゲームをした日ごとのデータを保存して、どのように変化しているかを表示しようと思っています。最終的にはグラフで勝率を出したいのですが、データの蓄積部分が必要です。

    日付と保存したいデータの組み合わせをクラスにして、それをリストで持てばやりたいことは可能そうでした。日ごとのデータクラスをDaily、それを保持するリストを持つクラスをLogとして話を続けましょう。
    Dailyクラスは日付として、年、月、日の3つを持っていても良いし、DateTime構造体を持っていても良いです。DateTime構造体は日付の計算を楽にしてくれるので、計算のために使います。年、月、日の3つのパラメータからDateTime構造体が作れるので、どちらで保持しても情報は同じです。Dailyクラスは例えばスコアといったゲームの情報も持たせます。この情報は1日ごとに集計するものになります。
    Logクラスの中にいくつものDailyが保持されているわけですが、日が進むにつれてDailyクラスは増えていきます。ゲームの開始からずっと保持していくとどれだけのデータが必要が決められないので、日数を区切って保存することにします。例えば30日分とかです。このように決めると、リストの要素は30が限界になります。 セーブする領域も30個のDailyクラスを保持できるようにしておけばいいです。(要素数が確定すると配列でも良いような気はします。Listを使う方が便利なので、Listを想定していますけど。)

    日が進むと要らないDailyデータがリストに現れます。それは現在時刻から判断して、30日以前のものはいらないということです。
    保持しているリストにあるDailyデータの日付と現在の日付の差をとって、何日間の差があるか調べればいいです。DateTime構造体同士の差を取ると、TimeSpan構造という間隔を表す構造体が得られます。この構造体はDaysで何日間の差があるか取得できるのでこれを使います。0であれば今日であり、正であれば未来になり、負の場合は過去です。今日を含めた過去30日分のデータを取るなら、0から-29までのデータを残します。
    このようにして必要な期間のデータをリストに残すことができます。このリストの更新は今日のデータがあるかLogクラスに問い合わせて、新しく今日のデータを追加するときにリストの更新をすると効率的だと思います。

    時間をごまかすチートの対策は記録程度では要らないですが、必要であればセーブに最終更新した日付を残しておけば良いです。この最終更新日時は常に過去であるはずなので、もし現在日時が最終更新日時よりも過去であったらチートしているということになります。
    サーバーとか外部のものが使えるのであれば、そこの時刻と端末の時刻が正しいかを判定すれば良いでしょう。何かセーブするときに時刻を調べておかしくないか判定すれば、不正はできないと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    今年はAndroidだけでなくiOS向けにアプリをリリースしようと考えています。そのためにはMacが必要です。初めて買うので、使い道の多そうなノート型MacBook Proを買おうと思っています。
    すぐ欲しかったのですが、どうも新型の発売が近いようで少し様子見をしているところです。

    またiOSの実機での確認のため、iPod Touchを買おうと思います。iPhone 6が一番普及している端末でしょうが、ちょっと高いしすぐ7とかが出そうなのでしばらくはiPhoneは買わないつもりです。今使っているiPodが8GBだったので、32GBで十分だと思っています。

    2つ合わせると、20万円は超える程度のお金はかかりそうです。機材もそれなりにしますが、Apple Developer Programへの参加も1年ごとに登録料がかかります。
    色々と難しいところがありますが、日本でのiPhoneの使用率を考えると無視できない規模だと思います。早いうちにiOSの対応ができることが今年の目標でもあります。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    12月のPVは4753でした。
    2015-12pv


    先月とほぼ同じですが少し増えました。年末の閲覧数の低下を考えるとそれなりに増えたように感じます。いまだにUnityの始め方的な記事の方が人気を集めているので、なんとかゲームを作る過程の話とかここだけで取り上げている珍しい話とかの記事が人気にならないかと思ったりします。

    正月ということで初旬はあまり大きな活動ができないとは思いますが、「一年の計は元旦にあり」と言いますしどうするか考えるのが最も重要だと思います。

    ナポレオンという個人的に好きなトランプゲームを題材にしたゲームが昨年最も成果を出したこともあり、トランプゲームのアプリを本年も出そうと思っていました。自分があまり知らないゲームでも面白そうなものやアプリ向きだと思うものを作っていき、どうなるかを試してみたいです。
    1つだけではそれが成功なのか判断しにくいし、単なるまぐれかもしれません。似たような方向性で2つ成功すればそれはかなり良い方法なのだと言えると思います。
    とりあえず作ってみたというのではなく、このアプリを出す意味は何かということを考えていくつもりです。 

    今年もよろしくおねがいします。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    次のアプリはゲスイットというトランプゲームを題材にしたアプリにする予定です。
    ゲスイットはあまり馴染みがない人が多いと思いますが、単純なルールですぐに覚えられます。2人で遊ぶためのゲームで読み合いや騙し合いの駆け引きが面白いゲームです。

    ちょっと紹介すると、A~Kまでのスートの一揃い13枚のカードを使います。6枚ずつ配り、余った1枚のカードが何かを当てるのが目的です。自分の手札がヒントになりますが、それだけだと1/7で当たるだけのゲームになってしまうので、順番に特定の行動ができるようになっています。
    自分の番には質問か解答のいずれかのみができます。質問はA~Kまでのどれか1枚について相手に持っているかを聞くことができ、相手はそれに対し正しいことを教えなければなりません。またあるカードについてした質問は自分も相手もできなくなります。解答は余った1枚のカードが何かを当てることです。当たれば勝ちですが、外れれば負けになります。解答したらゲームは必ず終わります。
    勝つ方法は自分で余った1枚のカードを当てるか、相手に外させるかのいずれかです。
    要は自分の持っていないカードを質問して当てる確率を高めたり、自分の持っているカードをわざと質問して相手を混乱させたりするということになります。

    表情などから駆け引きしたりするのが面白かったりするので、対人が面白いのは言うまでもないです。ただ質問に制限があるので、どの質問がされたかをメモしておくなどが必要です。ちょっとした暇つぶしにはやはりアプリに分があります。手軽さと練習にはアプリがよく、知っている人とは対人戦が面白いというのがトランプの特徴だと思います。

    Unity 5.3.1で作っているのですが、PlayerPrefsのファイルが見当たらなくなったりと色々変わっていて困っていることが多いです。もしかしたらバージョンを下げてUnity 5.2にしてリリースするかもしれません。
    Unity 5.3を使う理由が今のところないので、安定性の方が大事だからです。

    今後はしばらくトランプのアプリを作っていく予定です。
    ゲスイットができたら、ポーカーを作ろうと考えています。ふつうのポーカーと思われている5カードドローも良いですし、他の変わったものも良いです。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    MVNOを使えばスマートフォンにしても料金が抑えられるということで携帯電話をスマートフォンに変えました。それにあたってSIMフリーのスマートフォンが必要になったのですが、新しく用意することにしました。

    既にAscend G6という端末を買っていたのですが、 処理能力が低く電池の持ちも悪いので良い端末を買おうと思いました。Ascend G6は廉価なのでスペック不足なのはしょうがないのです。むしろ一番気になったのは発熱でした。通話中にこれだけ熱くなったら嫌だなあというのが、電話として使うのにためらわれた理由でした。
    Ascend G6はスマートフォンの便利さを教えてくれましたが、物足りなさがあったのです。

    最終的にはNexus 5Xを買ったわけですが、他にも候補がありました。
    も良さそうな端末だと思いました。これらは大きさが小さめでそれなりの性能の端末です。Androidの更新がされていくなら、これらの端末もアリだと思います。開発機としても使いたいことを考えると、Androidの更新がサポートされないのは大きなデメリットです。Nexus 5はAndroidの更新がサポートされていますが、今だと少し性能が低い感じです。
    値段は新品でXperia J1 Compactが4万円くらい、Xperia Z3 Compactが5万円後半くらい、Nexus 5が4万円くらいです。Xperia Z3 Compactは4万円くらいだったのですが、今は結構高くなってしまいました。

    一番Nexus 5が良さそうだと 思ったのですが、新型のNexus 5Xが既に出ていてどちらにしようか迷いました。性能が優れ新しいAndroidを搭載しているので、Nexus 5Xを買うことにしました。ちょっと値段が円安の影響で高かったのが微妙ですが、それ以外ではかなり満足できる機種だと思います。(最新のAndroidを入れたい人でなければあまり魅力的ではないかもしれませんが……)


    最も便利だと思った機能は端末の背面にある指紋認証機能です。スリープ状態で登録した指を指紋認証部分に当てるとロックが解除されます。
    これはやってみると非常に便利な機能であることがわかります。普通は電源ボタンを押してパスワード認証を経て使えるようになります。パスワード設定しないことはないでしょうから、いちいち認証するのは結構な手間です。指紋認証機能では指を当てるだけなので、ほんの数秒で済みます。たまに通常のパターン認証などを求められますが、ほとんどは指紋で認証されます。
    また指紋認証ができたかが振動でわかるようになっています。成功すると短く1度振動し、失敗したら短く2度振動します。持ってみると違いは明らかなので、手元を見ずに操作ができます。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    11月のPVは4310でした。
    2015-11pv

     
    10月とほぼ同じですがわずかに減りました。主に休日のPV数が少なくなったのが原因と思われます。平日のアクセスはさほど変わりませんでした。
    11月の記事の内容もアプリ『トランプ・ナポレオン』に偏ったこともあり、解説を期待して訪れた人が減ったのかもしれません。
    アプリを作るのに力を入れると記事の更新は二の次になるのである程度仕方ないことです。アプリを作るとその時の成功や失敗から学ぶことが多いので、ブログの技術解説を充実させるためにもなっています。ただ更新が後になるということだけが避けられないのです。

    アプリの更新が早めに終われば、Unity5.3を試してみてそれについて解説するのも面白そうだと思っています。5.3では課金ができる仕組みが入るようなのですが、課金の導入をすると住所を公開(Google Playでは)しなくていけず残念ながらこれは見送りになりそうです。とはいえ5.3ではそれ以外にも色々変わるみたいなので、試せることは色々ありそうです。

    12月は年の瀬ということもあり、来年以降どうしていこうかと考えています。『トランプ・ナポレオン』のチュートリアルを作成しつつ、新しいアプリやiOSを挑戦するかを検討しています。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    10月のPVは4430でした。
    10pv
     
    9月に比べて約800程増えました。ペースはかなり落ちましたが増加しているので良しとします。おそらくは多くのPVを集めるようなヒット記事がなかったため、このようになったのでしょう。

    リリースしたアプリの更新を優先したこともあってブログの方はわずかに更新が減りました。しかしながら、アプリの更新において色々なことを体験できたため、自分の中でネタを蓄えることができたと思います。
    Unity Multiplayerについては特にそうで今後はこれについての記事を書いたりしようと思っています。

    このブログから得られる収益は広告のクリックによるものなのですが、今後はアフィリエイトにも挑戦していきたいと思っています。主に本の紹介や開発機材についてになると思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    APPLIONというアプリを検索できるサイトがあるのですが、ランキングの推移を見るのに便利です。色々なアプリを探すサイトなので、レビューが載っているというわけではないですがストアの情報をきれいにまとめてあって複数の端末でアプリを探すのにも重宝するでしょう。

    Androidのアプリを検索するにはサイト上部のAndroidタブをクリックして検索したいキーワードを入れると良いと思います。タブを選択せずに検索するとiPhoneのアプリを検索するようになっています。
    applionsearch

    ランキングの推移についてですが、『トランプ・ナポレオン』を調べてみると次のようになっています。リンクはこちらです。トップのページではすべての情報がまとめられている用です。ランキングは以下のようになっています。
    tnrank

    次にランキングをもう少し詳細に見ようとした場合はページの上の方にある以下のタブでランキング推移を押します。
    appliontab

    これを押した先のページでは、アプリによって多少異なるようですがいくつかのグラフが見れます。『トランプ・ナポレオン』ではまだ新着アプリということもあり、
    • 新着無料ランキング推移と平均順位
    • 無料ランキング推移と平均順位
    • 売上ランキング推移と平均順位 
    という3つのグラフが表示されていました。新着アプリでなくなると、新着無料ランキング推移と平均順位はなくなるようです。『トランプ・ナポレオン』は広告を表示しているだけで課金や有料版というものがないので、売り上げのランキングは何も表示されていません。
    ランキングの詳細ページでは日付ごとの順位を見ることができたりして、アプリの人気の変化が一目でわかります。

    色々なアプリのランキングの変化を見るのも楽しいと思いますし、自分のアプリの変化を見て参考にするのも役に立つでしょう。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    9月のPVは3636でした。
    9pv

    約1600程増加しています。 増加のペースが上がっているので非常に良いことだと思います。次は4000を超えたいですね。

    今月はアクセス数の多かったページが変化しました。
    1位 「Unity5.2でVisual Studioでデバッグする
    2位 「Unity5.2にアップデート
    3位 「Unity Acountの登録
    というようになりました。

    Unity5.2の関心が高いためだと思います。Unity Acountの登録に関してはUnityをはじめる最初の関門ということもあり、今後もそれなりのアクセスを集めることが予想されます。
    Unity5.2にアップデートすると、Visual Studioで今までできていたデバッグすることができなくなりました。その解決方法はやはり需要が高くアクセスを集めたのは予想通りでした。1位になるほどとは思いませんでしたが、標準エディターとしての期待が大きいのでしょう。

    このページのトップヘ