FreelyApps

個人によるアプリ開発の日記です。アプリの収入だけで生活できるようになるのが目標です。UnityでAndroid向けのゲームアプリを作成しています。


    ブログを
    https://freelyapps.net/
    に移転する予定です。
    リンク切れがある記事はこちらに移動した可能性もあります。

    カテゴリ: 開発

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    私は会社員をやっているので、開発時間を長く取ることは難しいことです。平日は定時に退社したとしても18時30分程度にはなるので、そのあと開発しようとすると相当短いです。

    まず最も重要なことなのですが、残業をしません。 これを守らないと開発時間は全くと言っていいほどとれません。なので残業はしないものと決め、終わらなかった仕事は明日に回します。
    適当に仕事を終わらして、とっとと帰ることが大事です。(まあ終わらなくても帰れば良いんです。)決まった時間働いていれば解雇なんてできませんから、大した問題はありません。

    定時に退社して、18時30分には帰ります。おなかがすいているので、夕食をとらなければいけません。自分で作ると時間がかかるので、外食に行きます。夕食後には開発があるので、あまりにも待つものや胃が持たれるものは避けます。 
    夕食に1時間くらいかかるので、落ち着いてくるのは19時30分~20時くらいになります。そこからゲームを作り始めると、2時間くらいが限界です。2時間でも22時くらいになりますから、金曜日でなければ明日の準備があります。
    掃除やお風呂、そして就寝。できれば0時には寝ていたいので、やはり22時くらいまでが限度です。ゲーム開発だけするわけでもないので、このように時間がとれないことも普通です。

    2時間でできることは少ないです。アイコンを考え始めて作るだけでも終わらないかもしれません。作業は区切りが良いところで終えておかないと、次にやるときに大変になります。制限時間内に終わらすため、発想を要求されるような作業や長くかかると思われるものはやらないようにしています。そういったものは時間の取れる週末にやったほうが私は効率的だと思います。
    細かな作業ごとでどれくらいかかりそうかを予想してから行う癖はついたように思います。これによりやる前からやる気がなくなることもあります。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    アプリをAndroid/iOSで出そうとすると、Google PlayとApp Storeに置くことになります。このアプリへのリンクをSNSなどでシェアするというのは、宣伝にもなるのでよく行われています。

    アプリへのURLは以下のように
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.FreelyApps.Game.Trump.AmericanPageOne」 
    とても長くなります。 
    これをTwitterなどに載せてしまうと、かなり文字数を圧迫してしまいます。リンクをそのまま含めるとTwitterではその先のページの情報を載せてくれるようで利点もあります。しかしながら、文字数を使いすぎて本文が足りなくなってしまうし、 Android/iOSの両方のリンクを載せるのは相当厳しいです。(ほぼリンクだけになってしまうので。)

    Google URL ShortenerのようにURLを短くするサービスを使うと、なんとか載せることができるようになります。短くしたURLをAndroid/iOSの2つ分載せるというのが多いと思います。この方法は簡単ですが、あまりよくないと思います。リンク先の情報がわかりにくいこととユーザーがどちらかのリンクを選ぶ必要があるからです。

    AppStoreかGooglePlayに振り分けてリダイレクトする方法」 Sawalogより
    で紹介されているユーザーをあるHTMLファイルへ行かせ、そこのJavaScriptでリダイレクトさせるというのが良い方法だと思います。この方法であれば、リンクは一つになりユーザーが意識しなくても自分にあったページへと行くことができます。このHTMLファイルを置くところは公開されたサーバー上ならどこでも良いでしょうけど、その場所を用意することと、HTMLファイルを編集しなくてはならないことが少し欠点でしょうか。

    私の場合はリダイレクト用のHTMLファイルをこのブログのファイル置き場に置き、そのURLを短縮して使おうと考えています。ファイルを置き換えてもURLが変わらなければ問題ないので、途中でリダイレクト先を変えることも問題なさそうです。

    このURLはGoogle PlayとApp Storeへのリンクとして使う予定です。(この記事を書いているときはGoogle Playへしか行きませんが)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    MacBook Proの購入予定」でMacBook Proを買うつもりだったのですが、新型がでるかもという噂だけがあり本当に今年に新しいものがでるのかわからない感じです。MacBook Proを買うことが目的ではないので、MacBookという機種を買うことにしました。MacBookは小さくてとても軽いようです。

     macbook
    本体の性能は2つ選べることがあって、モデルとCPUがそれぞれ2つから選べます。全部で4種類です。モデルというのはCPUとSSDの違いです。
    macbook-storage

    下はCPUをCore m7にするオプションで高い方のモデルを選んだ場合の選択肢です。148800円のモデルの場合はCore m7にするには30000円追加で必要です。
    macbook-cpu
    Core m7にするオプションの差額からモデルの金額の差の内訳を計算してみると、CPUの差の分が12000円だと思われます。よって、SSDの差の分は24000円となります。

    高いけれど性能が低いと嫌なので、最高の性能で注文することにしました。202800円でした。ノートパソコンの値段としてはかなり高いと思いますが、ブランドなのでそういうものでしょう。かっこいいパソコンだと思います。


    iOSアプリの開発が目的なので、ついでにiPod touchも買っておきました。Appleのページの上のタブにiPodがなくなっていてページ下部のリンクから行くようです。iPod touchには、あまり力を入れてないのかもしれませんね。
    ipod-link

    iPod touchはストレージの量だけ違い、4種類あります。(性能に関係ありませんが、色もいくつか選べます。)
    ipod

    MacBookとiPod touchで合計232600円でした。 
    MacBookはCPUの変更オプションがあるため1週間ほど後に来るようです。iPod touchは翌日に来るそうで早いですね。 

    Macを買うのは初めてなので、わくわくしています。

    このページのトップヘ