FreelyApps

個人によるアプリ開発の日記です。アプリの収入だけで生活できるようになるのが目標です。UnityでAndroid向けのゲームアプリを作成しています。


    アプリ『トランプ・7並べ』を公開しました。
    Android/iOS https://goo.gl/zsFces

    カテゴリ: 自作アプリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    iOSアプリ配布への道のり」に書いたようにMacBookが手に入り、iOSのアプリのリリースへ向けて動き出したところです。

    まずは最も新しいAndroidアプリであるトランプ・アメリカンページワンを移植することにしました。これはUnityのバージョンが新しいということでアップデートによる影響が少ないためです。
    Macにプロジェクトを持って行って、ビルドするとUnityエディター上では普通に動きました。これこそがUnityの大きな利点なわけですが、問題が起きずにそのまま動いたのですごいと思いました。UNITY_ANDROIDの定義によるところを少し直したくらいです。
    iOSのビルドでは2段階を踏みます。UnityでのビルドではXcodeのプロジェクトが作られます。この先はXcode上でビルドをしてアプリを実機にインストールするというようになります。iOSのアプリはすべてXcode上で作らなければならないということです。(Androidではここら辺が自動で行われ、APKが得られるので楽なんですが。)

    Xcode 7からはApple Developer Program(AppStoreにアプリを配信するには契約が必要)に参加しなくても実機にアプリをインストールできました。とりあえずアプリが作れるのか試すという意味では無料であるというのは良いです。実機の方でアプリを信頼するかという質問に答えれば使えるようになりました。
    Apple Developer Programを契約するとアプリの作成時の署名等が変わります。このあたりが過去の情報だとかなり大変だというかわかりづらいそうですが、現在はすべてXcodeがFix Issueと割と自動で直してくれます。

    「AdMobの対応の情報で正しいものがどれなのか?」ということが一番迷いました。色々な方が問題に遭っているようで自分が遭遇したものを順番につぶしていくしかない感じです。AdMobのUnity向けのプラグインを使っているのですが、Google Mobile Ads SDKをiOSでは追加する必要があります。Unityのプロジェクトに入れたほうが楽ですが、Xcode上で後から追加しても良いようです。このSDKをWindowsでダウンロードしたものを使うとなぜか駄目でMacでこのSDKをダウンロードしないとうまくいきませんでした。
    まあそういうものらしいですが、納得いかないですね。

    トランプ・アメリカンページワンをiOSに移植がほぼ完了したので、予約を受け付けることにしました。 
    他のAndroidアプリも順番に移植を進めていきます。 一つ完成させられれば、あとはそれに倣っていくだけです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    • Bounce
    • 時を感じろ!
    • 走れユニティちゃん!
    • Pick Up A Diamond
    の4つのアプリを公開停止にしました。初期に作ったものであり、アプリの作りが今のものと違うのと、あまりダウンロードされないためです。アップデートを続けていないと作りが古いままで、後になって分かったよくない点が残っています。
    そういったものを取り除くのがアップデートとも言えますが、そこにかける労力が必要なのかということを考えます。頻繁にダウンロードされ需要があるのなら、直してより良いものにするというのが普通でしょう。逆にほぼダウンロードされないものに労力をかけ続けるのは無駄でしょう。
    かけられる力に限度がありますから、なるべく完成したものには手をかけたくないのです。とくにそれが労力に見合わなければ……

    公開停止にしましたが、すでにダウンロードされた場合は引き続き使うことができます。これらのアプリをダウンロードされた方はありがとうございました。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    『トランプ・アメリカンページワン』を作るのにかかった時間は約78時間でした。前回作った『ゆにてく』と偶然にも同じ時間かかりました。

    トランプゲームのアプリはこれで4作目でして、作るのに慣れてきたかと思っていたのですが、今回は時間がかかりました。途中での複数枚出しへの方向転換やUIの大幅な変更が原因でした。
    5人だと自分の番が回ってくるのが長く待つのがつまらなかったのとバランスを調整するのが難しいことが分かりました。そのため4人で遊ぶように改善したのですが、これが非常に大変でした。結果としては面白くできたと思いますが、UIの変更はきつかったです。

    アメリカンページワンはストップ系と言われるゲームです。手札をなくすというのが目的なので、全員の現在の手札の枚数が分からなければなりません。文字で「残りX枚」と出していたのですが、一目で多い少ないが分かりにくいという欠点がありました。
    fan-layout
    今回は上のように手札を見せるようにして、あとどれくらいの手札があるかわかるようにしました。ILayoutControllerを継承してUnity UIで使いやすいようにしてみました。円周上に並べているだけですが、個々のカードもz方向に回転させています。そうしないとカードの向きがそろってしまい、きれいになりません。z方向に回転させて配置していることでカードのひっくり返しアニメ(y方向)と干渉せず次のようなアニメーションが可能です。
    fan-turn-animation

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    7/9に『トランプ・アメリカンページワン』をリリースしました。
    tap_title

    トランプゲームの「アメリカンページワン」を遊ぶことのできるアプリです。台札にカードをつけて行って手札をなくしたらあがりというゲームです。UNOによく似たゲームです。(UNOもアメリカンページワンもクレイジーエイトというゲームから派生したようです。)

    ディール(カードを配って点数をつけるまでのこと)ごとに点数をつけていき、決められた回数行った後で集計します。合計点が多いほど勝ちとなります。このアプリでは1、5、10回のディールで1ゲームです。

    A(スキップ)、2(ツー)、3(スリー)、8(エイト)、9(リバース)のカードが特殊カードをうまく使うことが重要です。特に2、3は相手にカードを引かせるカードなので、攻撃のために使うか防御のために温存しておくかが考えどころです。

    トランプ・アメリカンページワンでは、手札が11枚以上になったらバーストするというルールがあります。これは持てるカードを増やし続けるとゲームが面白くなくなってしまうので、それを禁止した措置です。ゲームに緊張感を与えるためにあるのですが、バーストさせるという戦略もかなり使えます。開始時には5枚のカードがあるので、開始直後に3を2枚以上出されるとバーストが発生します。
    バーストするとバーストした人は全ての失点を負い、他プレイヤーに得点させてしまうという大きな損害を得ます。

    tap_0709

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    開発中の『トランプ・アメリカンページワン』の紹介動画を作りました。いつものようにYouTubeとニコニコ動画にアップしました。アプリの予約もこちらのページで受け付け中です。 




    この動画をアップした時には自分の番ではカードを出すか引くかを決めれませんでした。 これは意図したものであるのですが、プレイヤーの選択肢が少なく自動で進んでいっている感じが強かったと思います。現在はこれを修正し、常にカードを引くことを選べるようにしました。出せるカードがあったとしても、あえてカードを引くということができます。(8とか3とかを温存するといった戦略がとれます。)
    真ん中の順番とスート表示のUIも修正を行いました。動画では動いてないのですが、今はアニメーションするようになっています。これでかなりわかりやすくなっています。
    tap0702

    元々の出せるカードがあるときは出さなければいけない、出せないときはカードを引くというルールはプレイヤーの行動を見て持っているカードを推測するためのものでした。カードが出せないということは現在のスート、数字、8のカードを持っていないということがわかります。特にスートがないというのは、相手を攻めやすくなるので重要な情報です。

    カードをいつでも引けるということで格段に選択肢が増えるわけです。出せるカードがある状態で1枚引くと、引いた後に必ず出すことができるわけなので、出せるカードを温存しようか迷うときは使える戦法です。
    このアプリ独自のルールとしてバーストがあります。手札が11枚以上になると負けるというルールです。自分の番の終了時に10枚以下になっていればよいというものではないので、11枚以上になるときがあると負けてしまいます。10枚の手札があるときにカードを引くと自動的に負けてしまいます。(出せるカードがない場合はどうしようもないですし、わざと11枚目を引くことも可能です。)
    バーストはある程度の緊張感を入れるためと、手札が増えすぎてUIが使いにくくなる問題を解決するために導入しています。このルールがあるため、開始直後にスリーでバーストさせるというのも効果的な戦い方になります。5枚の手札がはじめに配られるので、すぐに2枚のスリーが連続で出されると確実にバーストします。
    3枚のスリーが
    連続で出されると、残り1枚(つまりページワン)でないと防げません。4枚のスリー連続で出されると、必ずバーストになります。4枚のスリー連続で出されるときは、まずないと思いますがスリーをはじめに出した人がバーストするので相当おもしろい展開です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    トランプ・アメリカンページワンのゲーム画面が大分完成に近づいています。
    変遷を見てみると、かなり変わっていったという印象です。

    最新のが以下のものです。(左上のFPS表示はいずれ消します。)
    tap0626

    数日前がこれです。
    tap0625

    1週間前くらいにはこんな風に5人対戦であり、表示も文字が中心のものでした。
    tap0619

    一番下に表示されている自分のカードを選ぶところは使いやすいと思っているので、これについては変更していません。トランプでカードを出すとき間違ってしまうというのが最も嫌なことですから、間違いにくく手間がかからないUIということで二度同じカードをタップしたら、出すというのが気に入っています。押しやすく手札を見やすいというのも利点です。
    ただこのUIの欠点としてはカードを重ならないように表示しているため、場所をとることと並べただけの表示のため洗練された表示にならないということです。(カードを持ったとき扇状に持っているのが、最も見栄えがするはずです。)

    5人から4人へ変わったのは、アメリカンページワンの1ディール(カードを配ってからあがりが出るなど一回の区切りまでのこと)は思いのほか長かったためです。自分の番が回ってくるのが遅いと面白くないので、人数を減らしてバランスを調整しています。

    UIにかなり手を入れたため、現時点で50時間ほどかかっています。また残りの作業時間を予想すると10~20時間ほどはかかりそうな感じです。7月中に出せればというところです。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    アメリカンページワンというトランプゲームのアプリを作成中です。UNOに似たゲームだと言うとわかりやすいかも知れません。

    tap0619

    作っている途中なので、特殊カードの処理やUIが完成していません。とりあえず遊べるくらいまでできているところです。
    特殊カードはA、2、3、8、9の5種類です。それぞれスキップ、2枚引かせる、3枚引かせる、スートを変える、リバースという役割です。(2と3の処理がまだできていません。)
    ルールのバリエーションが色々あるゲームですが、早く上がり点数を稼ぐことが目的のゲームです。

    クレイジーエイトというゲームがあり、これがUNOやアメリカンページワンなどのゲームに派生しました。クレイジーエイトでは同じ数字か同じスートのときカードを出せるというルールで特殊なカードは8(エイト)のみです。エイトはいつでも出せて、次のスートを指定することができます。
    クレイジーエイトに色々なルールが加えられ、人気になったものが固有の名前がついていったという歴史があります。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    『ゆにてく』を作るのにかかった時間は約78時間でした。今回はパズルゲームということで作ったことのないジャンルであることと表現に凝ったということが、時間がかかっている原因でしょう。

    パズルゲームは問題を解くという形式なので、問題を大量に作る必要があります。この量産がなかなか難しいもので非常に時間がかかりました。できあがったものを見たら、「こんなの簡単につくれるでしょ? 」みたいな感想がわくかもしれませんが、そんなことはありません。
    適当なものを量産するなら簡単でしょうけど、解いたときに達成感があるものや説明のためのステージなど意味のあるものを作るというのは大変です。 
    ステージをつくるためにちょっとしたエディタ拡張を使っています。ステージデータ(置くべきものの種類と位置などのデータ)のロード・セーブや配置されているものの種類の設定などを補助するようにしています。こういったものがあると作業が楽になるので、作る量によっては補助ツールの作成も重要になります。


    表現は3Dですが、これはそこまで大変ではありません。キャラクター(ユニティちゃん)がモーションしますが、これは移動とは分離されています。モーションは単なる見栄えのためのものであるので、制御は単純になっています。制御側から特定のタイミングであるモーションをするように命令しているだけだからです。
    マス目で動くためその移動はRigidbodyを使わずtransformを直接変更するというものになります。これは厳密な位置の管理をするためです。
    プログラムで一番時間がかかったのはUIの演出周りです。とくにカメラボタンを押すとスクリーンショットがとれるアニメは力を入れました。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    6/5に『ゆにてく』をリリースしました。
    ut-stage2


    赤い宝石を集めてユニティちゃんをゴールへ導くパズルゲームです。動画を見てもらうとわかりやすいですが、シンプルなゲームになっています。
    60ステージありますが、1ステージは早ければ30秒くらいでクリアできます。ゆるく楽しんでもらえればと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    以前紹介したアプリ『ゆにてく』の事前予約を開始しました。リンクはこちらです。 
    遊んでいるところを見た方がゲームの内容はわかりやすいので、動画をYouTubeとニコニコ動画にアップしました。




    一筆書きを想像した人がいるようでしたが、このアプリは微妙に違います。同じところを何度も通ることができるブロックもあるので、それを使っているステージは一筆書きっぽい感じになります。
    似ているけれどちょっと違うというところだと思います。

    このページのトップヘ