Google ウェブマスター ツールというGoogleのサービスがあります。
Googleの検索で表示されるようにするために登録すると良いみたいです。

「FreelyApps」とググっても以前は検索できなかったのですが、
現在はこのページが見つかるようになっています。
おそらく効果があったのだと思います。

新しいホームページを作ったりすると、特にリンクがないためにGoogleの検索の仕組みでは見つからないようです。
ウェブマスター ツールに直接URLを登録すれば、サイトの存在を知らせることができるので、検索できるようになるということです。
サイトを登録するには、持ち主かどうかの確認があります。
いくつかの方法があるようですが、私はGoogle Analyticsを設置していたのでそれで認証しました。

Google AnalyticsとGoogle ウェブマスター ツールの違いをざっくり説明します。

  • Google Analyticsはサイト内でユーザーがどのようなことしているかを知るためのツール

  • Google ウェブマスター ツールはサイト外からユーザーがどのようにやってきたのかを知るためツール


分析する範囲が違うので組み合わせて使うのが良いようです。


現在はウェブマスターツールではなくGoogle Search Console(サーチコンソール)に名称が変わっています。割と最近のことなので、今のところウェブマスターツールで検索した方がいろいろな情報が得られると思います。