FreelyApps

個人によるアプリ開発の日記です。アプリの収入だけで生活できるようになるのが目標です。UnityでAndroid向けのゲームアプリを作成しています。


    ブログを
    https://freelyapps.net/
    に移転する予定です。
    リンク切れがある記事はこちらに移動した可能性もあります。

    タグ:アップデート

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    5.5になり、UnityEngine.Typesが使えなくなりました

    `UnityEngine.Types.GetType(string, string)' is obsolete: `This was an internal method which is no longer used'
    というエラーログが出ます。 

    エディター拡張(スクリプトからそれがアタッチされたゲームオブジェクトを作成する拡張)でこれをつかっていたものがあったので対応する必要がありました。 

    対応方法は別のメソッドを使うだけです。Unityで有名なこちらのブログ
    【Unity】クラス名からTypeを取得する(テラシュールブログより)
    の記事がわかりやすいと思います。

    私の場合は、
    UnityEngine.Types.GetType(className,"Assembly-CSharp");
    と書いていたところを 
    System.Reflection.Assembly.Load("Assembly-CSharp").GetType(className);
    と直して問題なく動きました。 


    少し調べてみたところ上記の方法でなくても行う方法がありました。
    System.Type.GetTypeというメソッドでもTypeを取得できるようでした。型の名前を引数にとり、型を返すメソッドです。実行中のアセンブリ(dllと考えていい)かMscorlib.dllに含まれる型であれば名前空間で修飾した型名で型が取れるようです。
    Unityで作ったスクリプトはAssembly-CSharp.dllにあり、エディタースクリプト実行時には当然実行中のアセンブリではないです。System.Type.GetTypeはアセンブリ名を修飾した名前で呼べば型を取得できるようになっているので、
    System.Type.GetType(className+ ",Assembly-CSharp");
    というようにしてどのアセンブリにいるかを指定すれば型が取れます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    11/15に『トランプ・ナポレオン』のiOS版をリリースしました。
    appstore-tn

    また今回のiOS版のリリースではAndroid版も4.0へとアップデートを行っています。 (iOS版も4.0となっています。) 
    4.0では「よろめき」の対応が一番大きいところでしょう。ローカルルールの中で「よろめき」というのはそれなりに知名度が高いようです。オールマイティが出ているトリックでハートのQを出すと、それが必ず勝つというルールです。
    yoromeki
    「よろめき」がないときは常に最強であったオールマイティが負けるルールであるので、ナポレオン軍に不利になります。連合軍でありハートのQを持っているときはよろめきを起こせるチャンスなので、ナポレオン軍に逆転する可能性があります。より勝敗が決まりづらくなり、最後まで楽しめるかもしれません。
    iOS版を出したことにより、それとAndroid版との通信対戦を対応することになりました。Unityの更新をしておくことと古いアプリが新しいものとマッチングしないように対応しました。またローカルルール「よろめき」のありなしをホストの設定から取得し、通信対戦のルールにそれを反映するようにしました。
    onlinesetting-yoromeki

    以前、『トランプ・ナポレオン』のルールという記事にナポレオンのルールを説明していました。 「よろめき」が追加されたので、これも更新しました。
    ルールを増やすと、そのありなしを判定してある場合はどうすればいいというようにAIの変更が必要になります。その対応が一番大変だと思います。 

    よろめきを追加したことで更にルールが複雑になりました。ナポレオンは非常に面白いゲームですが、バランス上5人専用ゲームでありルールを守れないと面白くならないという遊ぶにはハードルが高いものです。実際知っている人も少ないですし、遊んだことがあるという人はさらに少ないでしょう。ただナポレオンを遊んだことがある人は必ず面白いと言うくらい素晴らしいゲームです。
    30分くらいでルールが覚えられれば優秀だと思うほどの難易度ですが、はまれば人に薦めたいと思うはずです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    「トランプ・ポーカー ~5カードドロー~」と「トランプ・アメリカンページワン」のアップデートを先日行いました。ゲームの途中にポーズ画面があるのですが、そこからゲームをやめると点数がおかしくなるバグを修正しました。

    バグの原因は単純で以前の点数をリセットしていないためでした。結果を表示するシーンからメニューシーンに戻るところでのみリセットをするように作っていたのでそのようになりました。メニューシーンに入ったときにリセット処理を行うことで問題はなくなりました。

    元々「トランプ・アメリカンページワン」の点数処理を流用してこれらのアプリは作られています。そのため作成中のアプリで同様の問題が見つかり、ついでに以前の2つのアプリも修正することになりました。汎用的な処理や似たアプリの処理は積極的に使いまわしているのですが、その欠点が現れたというところです。それでも修正はできたのだし、まあ良しとします。
    もっとテストすれば・・・ということは考えつく単純で効果ある方法です。しかし、完全なものを目指すことは良いにしてもどこかで終わりにしなければなりません。

    iOSでのアップデートを初めて経験したというのが大きいです。アップデートを行うということは、続けていれば必然です。審査があるので、時間がかかるということがわかりました。つまり、緊急で対応というのはできないということです。
    バージョンは1.0から1.1にあがりました。
    tp5dtap

    iOS版の「ゆにてく」をリリースするため、現在審査を受けているところです。ただ、リジェクトされてしまったので、その対応中の状態です。「UnityChanって他のところのものだけど、それって使ってもいいの?」というところが問題です。なかなか時間がかかりそうな感じです。
    何回も落とされると慣れます。はじめはショックでしたが、今はこれで通るかなと期待しつつ出しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    新しいサイトの方へ引っ越しました。

    このページのトップヘ