FreelyApps

個人によるアプリ開発の日記です。アプリの収入だけで生活できるようになるのが目標です。UnityでAndroid向けのゲームアプリを作成しています。


    アプリ『トランプ・ジン・ラミー』を公開しました。
    Android/iOS https://goo.gl/PYKFYG

    タグ:トランプ・17ポーカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    『トランプ・17ポーカー』を作るのにかかった時間は約21時間でした。予想していたように短い時間で作ることができたと思います。「トランプ・ポーカー ~5カードドロー~』を使いまわすことができたというのが最も大きな理由です。

    ポーカーのルールはそのままであり、使うカードを限定したものが17ポーカーです。そのため配られるカードに制限をかければゲームとして成り立つので、ここの修正はほんのわずかです。
    大きな修正点は4人のプレイヤーが2人になったことによることです。この対応は処理とUIの修正となります。また、ゲームの内容が大きく異なるためAIの対応が必要になりました。
    3change

    4人のプレイヤーが2人になることでUIは2人分のものに変わります。これは4人のものから2人削除すればとりあえずは動きます。見た目を直すのは当然必要ですが、そのままでも動きはするので開発にはそれほど優先しなくても大丈夫でした。

    17枚のカードを使うポーカーであるといってもゲームの内容はかなり違います。少ないことで引けない状況もありますし、相手のカードを非常に推測しやすくなっています。そのため、AIは相手のカードを予測して自分の手札が強いのか弱いのかを考える必要があります。
    単なるポーカーであれば、相手のカードはほぼ予測できません。賭け方から強そうかもということや交換の仕方からワンペアくらいはできてそうということが予想できるくらいです。主に自分の手札がどれくらい作りにくくて何番目に強いポーカーハンドなのかから勝負に行くか決めるくらいです。

    AIとUIで半々くらいの時間を使ったところだと思います。
    初日に星5がついたりして出だしはよかったはずなのですが、あんまりダウンロードされなくてやはりマイナー(スマホで遊ぶユーザーには)だったかもという気がしています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    10/6に『トランプ・17ポーカー』をリリースしました。
     title

    17ポーカーはA、K、Q、Jの各4枚にJokerを加えた17枚のトランプを使って2人で遊ぶポーカーです。17枚のカードしかないことで普通のポーカーとは大きく変わったゲームになります。
    17枚のカードを使うこと以外は5カードドローポーカーと同じルールです。最大5枚まで交換できますが、17枚しかないので足りないこともあります。1人目が5枚交換を行ったときは、2人目は最大2枚までしか交換できません。

    17枚のカードのうち自分が手にしたカードをもとに相手が作れるポーカーハンドが予想できます。10枚を手にしていればかなり確実に予想できるはずです。

    Jokerを取ることは非常に重要です。作れたら絶対に負けない役(ファイブカードやロイヤルストレートフラッシュ)などはJokerが必須です。1枚しかないため、これが相手にあるのか自分にあるのかで大分勝敗が決まります。Jokerがなくてもフォーカードやフルハウスは作れるので、必ずしもJokerがあれば勝てるわけではありません。

    t17p1006

    2人で遊ぶゲームなので、以前出した「トランプ・ポーカー ~5カードドロー~」よりもテンポが良いです。賭けなしであれば、10秒くらいで1回終わると思います。強い役を簡単に出せるというのも17ポーカーの良いところです。個人的にはフルハウス以上だと勝負しても良いと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    開発中の『トランプ・17ポーカー』の紹介動画を作りました。今回はMacBookに付属していたiMovieという編集ソフトを使って動画を作りました。BGMが用意されていたので、入れてみました。FreelyAppsではBGMがあるのは初だと思います。(ノートだと動画作りは大変でした。)

    「17ポーカーとは何か?」という疑問があるでしょうから、お答えしておきます。
    Joker1枚と、A、K、Q、Jの各4枚のカードのみを使ったドローポーカーのことです。使うカードが合計17枚なので、17ポーカーです。
    5枚で手札ができるので、2人で対戦するゲームになります。5枚交換などをすればカードが足りず、交換に制限を受けます。
    カードが極端に少ないので、相手の手札を予想して勝負することになります。

    YouTubeとニコニコ動画にアップした紹介動画を載せておきます。内容は同じですので、お好きな方をどうぞ。
     
     

    実はこのゲーム ある漫画で勝負されています。ルールの発祥はこの漫画かもしれません。

    このページのトップヘ