FreelyApps

個人によるアプリ開発の日記です。アプリの収入だけで生活できるようになるのが目標です。UnityでAndroid向けのゲームアプリを作成しています。


    アプリ『トランプ・7並べ』を公開しました。
    Android/iOS https://goo.gl/zsFces

    タグ:宣伝

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    レビュー依頼をすることはGoogle Playで可能です。
    規約に違反するような可能性もあるので注意が必要なものではあります。公式の説明に違反の例があります。評価に対し報酬を与えるなどして、評価を操作することがいけないとあります。「★5の評価をしてくれたら、○○のアイテムをあげます!」とかは違反だということです。

    レビューについてやれることは、レビューのページ(アプリのあるページのこと)へのリンクをアプリ内に置くことだけです。ボタンを押したらレビューのページに飛ばすということが唯一許されています。以前は公式のページにもユーザーにレビューを求める例としてダイアログの画像があったのですが、今は消えています。したがって、将来的にはレビューをすることを頼むことも禁止されるかも知れません。

    良いレビューが増えるとランキングや新しくアプリをダウンロードしようという動機付けに一役買うでしょうから、アプリにレビューを依頼する処理を作ることは良いかもしれません。レビューしやすくなったために悪口ばかり増える可能性もあるので、単純にリンクを作るというのは駄目な気がしています。
    レビュー内容についての操作は違反なので、レビューの依頼で表示する文言は「レビューをお願いします。」というだけになります。下のような感じです。(レビュー依頼の実装は『トランプ・スピード』のものです。)
    request-review-dialog

    しかしながら開発者側に意味あるレビュー(アプリの内容に具体的に触れていて、使ったことのない人にもわかるようなもの。その上で……できれば好意的なもの。)が増えてほしいから、レビュー依頼を作るわけです。文言を変えずにそのようなことをするには、レビュー依頼のダイアログを表示するタイミングを設定するのが良いと思います。
    良いレビューをするには繰り返しアプリを遊んでもらう必要があると思います。そのため何回もリザルト画面に来ているなら、レビュー依頼をするというようにしてみました。「後で」以外のボタンを押した場合は、この後でダイアログを出すことはありません。そうすることで望んだ人以外はダイアログを何度も見ることにならずゲームの進行の邪魔をしないようにしています。

    レビューページへの遷移は、
    Google Play上のアプリのURLに飛ばすだけで可能です。レビュー依頼をするかというフラグとリザルトに何回来たかをセーブデータに持つことで何回も遊んだ人だけにダイアログを出すということが実現できます。やってみると意外と簡単な処理だと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    個人でも無料でレビュー依頼ができるサイトをこの記事にまとめておこうと思います。
    レビューの依頼をして載ったことがあるものを一覧に追加していきます。50音順に載せていく予定です。
    Android/iOSのどちらかのみ対応の場合は明記しようと思います。

    Appliv
    ユーザーがサイト上にレビューを書いていけるのが特徴的だと思います。
    レビュー依頼はサイト下部にあるリンクからいける専用のフォーマットで行いました。

    オススメのスマホ無料ゲーム
    Twitterのフォロワーだと優先的にレビューをしてくれるようです。とてもありがたいと思います。またフォロワーのアプリのレビューであると明記されているため、「なぜこのアプリを取り上げるの」という不公平感がなくて良いです。しっかり遊んでレビューしてもらっていることがわかる内容で良い点・悪い点を述べていることが役に立つと思います。5段階評価で大体の内容が把握できるのも見やすくて良いです。
    レビュー依頼はTwitterで直接依頼しました。 

    クソ研
    クソゲーをレビューしていくコンセプトのサイトです。クソゲーだけ扱うように見えますが、面白いアプリのレビューもされています。遊んだときのここが駄目というところをおもしろおかしく取り上げているので読み物としても良いし、開発者として意見を参考にするということもできるかと思います。
    レビュー依頼はTwitterで直接依頼しました。 
    (現在は休止されているかもしれません。)

     

    このページのトップヘ