FreelyApps

個人によるアプリ開発の日記です。アプリの収入だけで生活できるようになるのが目標です。UnityでAndroid向けのゲームアプリを作成しています。


    アプリ『トランプ・7並べ』を公開しました。
    Android/iOS https://goo.gl/zsFces

    タグ:規約

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    レビュー依頼をすることはGoogle Playで可能です。
    規約に違反するような可能性もあるので注意が必要なものではあります。公式の説明に違反の例があります。評価に対し報酬を与えるなどして、評価を操作することがいけないとあります。「★5の評価をしてくれたら、○○のアイテムをあげます!」とかは違反だということです。

    レビューについてやれることは、レビューのページ(アプリのあるページのこと)へのリンクをアプリ内に置くことだけです。ボタンを押したらレビューのページに飛ばすということが唯一許されています。以前は公式のページにもユーザーにレビューを求める例としてダイアログの画像があったのですが、今は消えています。したがって、将来的にはレビューをすることを頼むことも禁止されるかも知れません。

    良いレビューが増えるとランキングや新しくアプリをダウンロードしようという動機付けに一役買うでしょうから、アプリにレビューを依頼する処理を作ることは良いかもしれません。レビューしやすくなったために悪口ばかり増える可能性もあるので、単純にリンクを作るというのは駄目な気がしています。
    レビュー内容についての操作は違反なので、レビューの依頼で表示する文言は「レビューをお願いします。」というだけになります。下のような感じです。(レビュー依頼の実装は『トランプ・スピード』のものです。)
    request-review-dialog

    しかしながら開発者側に意味あるレビュー(アプリの内容に具体的に触れていて、使ったことのない人にもわかるようなもの。その上で……できれば好意的なもの。)が増えてほしいから、レビュー依頼を作るわけです。文言を変えずにそのようなことをするには、レビュー依頼のダイアログを表示するタイミングを設定するのが良いと思います。
    良いレビューをするには繰り返しアプリを遊んでもらう必要があると思います。そのため何回もリザルト画面に来ているなら、レビュー依頼をするというようにしてみました。「後で」以外のボタンを押した場合は、この後でダイアログを出すことはありません。そうすることで望んだ人以外はダイアログを何度も見ることにならずゲームの進行の邪魔をしないようにしています。

    レビューページへの遷移は、
    Google Play上のアプリのURLに飛ばすだけで可能です。レビュー依頼をするかというフラグとリザルトに何回来たかをセーブデータに持つことで何回も遊んだ人だけにダイアログを出すということが実現できます。やってみると意外と簡単な処理だと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    Google Playの規約について以前記事を書きました。Androidアプリで見かける明らかな違反としてレビューについて説明します。(評価が★のことでレビューはコメントのことのようです。どちらも含めてレビューと呼ばれることが多い気がします。)
    企業のものでも見かけますし、意外と違反しているアプリは身近にあるように感じます。これらは当然通報(アプリの情報欄で不適切なアプリだとGoogleに報告することを指します。)することができますので、開発側としては大きなリスクを取ることになります。通報されて問題ないなら、なんでもありませんが違反ですのでGoogleとしても何かしらの対応をする可能性があります。基本的にはアプリの削除が行われるでしょう。

    評価やレビューを操作しようとしてはいけません。公式による説明はこちらです。
    星5をつけてくださいと書いたり、良い評価をしてくださいと言ったりすることは評価の操作にあたるので禁止されています。曖昧な表現だから許されるわけではありません――むしろ悪意が感じられるのではないでしょうか。
    書きたくなる気持ちはよくわかります。良い評価をされることでアプリをダウンロードする人を増やせるでしょうし、おそらくランキングにも良い影響があるのでしょう。しかしながら、これは評価を不当にゆがめることであり、結果ユーザーを騙すことになります。レビューが当てにならなくなると最終的にストア自体の価値も下がり、長期的には全ての開発者に不利益を与えることになるでしょう。
    違反する人がそんなことまで気を配るとは思えませんが、アプリが削除されるようなことになったら流石に気にするでしょうね。

    評価やレビューをしたら、何らかの報酬をあげることは禁止されています。公式による説明はこちらです。「ユーザーの評価の勧誘」という項目です。
    評価やレビューを求めるダイアログを出すこと自体は規約違反にはなりません。方法に限らず評価やレビューをすることに対して、何らかの報酬をあげてはいけないのです。
    報酬目的で行ったレビューに意味はありませんから、禁止されているのだと思います。

    この記事を読んで違反していることに気づいたらすぐに修正すべきでしょう。
    他にやっている人がいるから自分もやっても良いんだというような人は迷惑なだけです。小さな違反はいずれ大きな違反をもたらします。そして厳しいルールと監視の下で過ごしていくことになるのです。
    アプリの世界の自由さを自分勝手に振舞って良いと勘違いするようなことは、自身の品位を貶めるだけなのだと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    Google Playの色々な説明はこのリンクに載っています。

    Google Play デベロッパー コンソールの使い方が主な説明になります。アプリを開発した後にどのように公開すればいいかとか、アプリが満たすべき要件は何かとか、どれくらいアプリがインストールされているかといった統計情報の見方等が解説されています。
    一番最初のページには「Google Play デベロッパー アカウントへの登録」が説明されていて、AndroidのアプリをGoogle Play上で公開しようと思う人は必ず行うことが書いてあります。アカウントの作成に$25かかるといったことはここに書いてあるのです。



    アプリの内容について最も重要な規約は「Google Play デベロッパー プログラム ポリシー」というものです。多くのアプリが守れていなかったり、故意に破っているルールはほとんどこの規約に関することです。
    Androidアプリを作る上でこの規約を知らないということは非常に危険な状態です。この規約を違反していると、Googleはアカウントを停止させることができると明記されています。(重大な違反や違反を繰り返した場合と書いてありますがその判断はGoogleが行うのですから、これは大丈夫だろうといった判断は自己責任です。)アカウントが停止されれば、アプリを公開させることができなくなりますし、会社等がそのような状態に陥れば信用が傷つくことになるでしょう。アカウントが停止させられたときは永久に取り直すことができなくなります。詳細はここにあるので、確認してみてください。
    現状Google Play上のアプリで違反があるものが存在するというのは事実ですが、あくまで対処されていないというだけであり、いつアカウントを停止させられてもおかしくない状況なのです。アプリのポリシー違反を報告することが可能になっていて、やり方がここに載っています。一応説明すると、Google Playアプリで報告するアプリの詳細ページに行きます。ページの下の方にある「不適切なコンテンツを報告」という文字を押すと、何が問題かを選べるのでそれを選び報告することができます。

    開発者だけが規約を守らなければいけないかというとそんなことはありません。ユーザーも規約を守る必要があります。コメント欄に酷い言葉遣いのものが載っていることがありますが、攻撃的な表現は禁止されています。 こういったコメントに対して「スパム」として報告することができます。どのような効果があるかはわかりませんが、投稿したユーザーのGoogleアカウントが停止させられるのかもしれません。 

    このページのトップヘ