アプリをAndroid/iOSで出そうとすると、Google PlayとApp Storeに置くことになります。このアプリへのリンクをSNSなどでシェアするというのは、宣伝にもなるのでよく行われています。

アプリへのURLは以下のように
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.FreelyApps.Game.Trump.AmericanPageOne」 
とても長くなります。 
これをTwitterなどに載せてしまうと、かなり文字数を圧迫してしまいます。リンクをそのまま含めるとTwitterではその先のページの情報を載せてくれるようで利点もあります。しかしながら、文字数を使いすぎて本文が足りなくなってしまうし、 Android/iOSの両方のリンクを載せるのは相当厳しいです。(ほぼリンクだけになってしまうので。)

Google URL ShortenerのようにURLを短くするサービスを使うと、なんとか載せることができるようになります。短くしたURLをAndroid/iOSの2つ分載せるというのが多いと思います。この方法は簡単ですが、あまりよくないと思います。リンク先の情報がわかりにくいこととユーザーがどちらかのリンクを選ぶ必要があるからです。

AppStoreかGooglePlayに振り分けてリダイレクトする方法」 Sawalogより
で紹介されているユーザーをあるHTMLファイルへ行かせ、そこのJavaScriptでリダイレクトさせるというのが良い方法だと思います。この方法であれば、リンクは一つになりユーザーが意識しなくても自分にあったページへと行くことができます。このHTMLファイルを置くところは公開されたサーバー上ならどこでも良いでしょうけど、その場所を用意することと、HTMLファイルを編集しなくてはならないことが少し欠点でしょうか。

私の場合はリダイレクト用のHTMLファイルをこのブログのファイル置き場に置き、そのURLを短縮して使おうと考えています。ファイルを置き換えてもURLが変わらなければ問題ないので、途中でリダイレクト先を変えることも問題なさそうです。

このURLはGoogle PlayとApp Storeへのリンクとして使う予定です。(この記事を書いているときはGoogle Playへしか行きませんが)