FreelyApps

個人によるアプリ開発の日記です。アプリの収入だけで生活できるようになるのが目標です。UnityでAndroid向けのゲームアプリを作成しています。


    アプリ『トランプ・7並べ』を公開しました。
    Android/iOS https://goo.gl/zsFces

    タグ:MeasureTime

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    作業時間計測するためのアプリを作成しました。アプリ名はMeasureTimeです。

    エディター上ですが、動作を録画してみたのでご覧ください。
    mt
     
    5つのボタンが用意されていて、タイトルと累積時間がそれぞれのボタンに表示されています。ボタンを押すとタイマーのOn/Offが切り替わります。ストップウォッチと考えるとわかりやすいと思います。
    アプリの中断や終了時に時刻を保存しているので、再開時に経過した時間も足されます。(On状態になっているボタンのみ) 

    Editボタンを押すと書くボタンについて編集することができます。
    タイトルの設定、時間の修正、時間の初期化、全部初期化が可能です。これくらいあれば便利かと思ったのを入れてみました。時間の上限は表示から推測できそうですが、99d23h59m59sです。 つまり100日分です。2400時間を超えるものを考えていません。

    右上の歯車は全体の設定です。一応ボタンを押すとSEが鳴るようにしてあって、それを消すことが設定できます。全体に関わることがあればここに追加していくというところです。 


    需要があるなら公開しようと思っています。 
    さっそくこの記事を書くときに使っていて、これにかかった時間は約18分でした。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    作業時間を計測する」で作業時間計測用のアプリを作ると言っていたので、現在作成中です。

    核となる時間を測ることについてはいくつかの問題を解決したので、後は細かな機能を追加するくらいで完成しそうです。
    アプリケーションのポーズ時(Androidのナビゲーションバーによりアプリが中断されてしまう時)にその時刻を保存してやらないと、中断から復帰したときに経過した時間がわからなくなってしまいます。 この経過時間分を加算することで時間を正しく測ることができるようになります。
    またアプリを終了させた場合、次にアプリを起動するまでの時間がわからないと正しい時間を測れなくなります。
    この2点を解決すれば、時間を測ることができます。解決方法は特定のタイミングで時刻を保存しておくことです。

    時間計測部分を作ったところです。ボタンをタップすると計測の有効/無効を切り替えることができます。自分で使うように作っているので、なるべく楽なものにしたつもりです。5個までしかボタンがないのは、同時に測りたいものが5個もあることがないだろうからです。
    これが2日前くらい前の状態です。
    mt

    現時点の状態です。
    Editボタンの機能を入れてみました。色々な機能はEditボタンを押したときにウィンドウが開き、その上で設定するようにしています。最も重要な機能はストップウォッチ機能なので、それはボタン上で直接できるようにしたかったためです。
    タイトル、時間のリセット、全部リセットの機能を作ってみました。後は時間の直接編集機能があれば十分かなという感じです。
    mt2

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    アプリが完成するまで多くの作業時間が要ります。どれくらいかと言えば十時間くらいから数百時間までと範囲が大きいです。作りたいものが大きかったり、一から作るのであれば時間がかかります。

    この作業時間を見積もったり、終わった後(ある程度の区切りですね。リリースしたとかアップデートしたとか。)に
    どれくらいの時間がかかったかというのを調べるのは難しいです。
    作業時間の見積もりが難しいのは必要となるものが全て明らかでなかったり、実際にやってみたときの問題の発生回数などで時間が足りなくなるからです。またゲームでは作り直しがあり得るためです。
    終わってからかかった時間がどのくらいなのか調べるのが難しいというのは変な気がします。自分がやったことを覚えていないのかという声がありそうですが、事実そうなのです。1日2日でできるものではないし、作業時間が一定でないとどれくらいかかっているかわからないのです。

    作業時間を測るのが重要なのはどれくらいのコストがかかっているかを知るためです。コストと言っても自分の時間ですが、結局これはお金であり命です。払える量は限られているので、どれくらい使っているかを知っておく必要があるのです。

    時間を計測する簡単なものがないかと調べてみたのですが、あまり使いやすそうなものはなくAndroidについていたストップウォッチで測るかとも考えました。タップでスタート/ストップするだけで非常に使いやすいのですが、長時間は測れないので駄目でした。
    仕方ないので自分で適当なアプリを作ってみようかと考えています。
    貯金をするのに貯金箱を作るところから始め、貯金箱ができてから貯金を始めようというような感じです。

    UIをちょっと組んだところですが、いまはこんな感じです。
    mt
     

    このページのトップヘ