FreelyApps

個人によるアプリ開発の日記です。アプリの収入だけで生活できるようになるのが目標です。UnityでAndroid向けのゲームアプリを作成しています。


    アプリ『トランプ・7並べ』を公開しました。
    Android/iOS https://goo.gl/zsFces

    タグ:iOS

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    11/21にiOS版の「ゆにてく」をリリースしました。
    ゲームの内容としては赤い宝石を集めてゴールに行くというものです。一筆書きのゲームに近いと思います。
    0605


    本来は9月の末にはリリースしていた予定だったため、予約などしていただいた方にはお待たせして申し訳なく思っています。原因としてはリジェクトを受けていてその解決がうまくいかなかったためです。

    ユニティちゃん
    というキャラクターがいまして、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンより二次創作が許されたキャラクターです。このユニティちゃんがゲームのプレイヤーなので、スクリーンショットやアイコンに載せていました。それをAppleから公式のものと誤解されるためダメというリジェクトを受けました。何回かやり取りをしたところ「ユニティちゃんを載せたらダメ」というのが向こう側の結論でした。(海外から電話がかかってきて驚きました。日本語だったので会話できましたが。)

    「いやいや、これはちゃんとユニティちゃんライセンスに従っていて、権利的に問題ないから認めてくれ」という内容で返事をしたのですが、ライセンスの提出を求められました。これには「ユニティちゃんライセンス 2.0 ドキュメントアーカイブ」を送ったところ、ライセンスには納得してくれたようでした……
    とはいえ、それで簡単に通すとはいかなかったのです。

    「個別の契約書ある?」と……
    ユニティちゃん自体が広く使ってという趣旨なわけで当然個別の許諾などないわけですが、それを要求されたので、もうどうしようもないということになりました。ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの方にどうすればいいでしょうと尋ねたところ、個別の許可の文書を作る仕組みを用意するというような返事をいただきました。(10月の初旬ですね。)
    私以外にもユニティちゃんのゲームを作っている人はいて、その人たちも同じような問題に遭う可能性があります。その対応をいちいちやっていたらきりがないはずで、そのための仕組みを用意するということになったのでしょう。話が大きくなってしまって何というか大変だと思いました。

    この仕組みを作るのは非常に時間がかかるのだと思います。他のAndroid版のアプリの移植もあったので、それを先にやって待っていました。先日それを終えたのですが、それでも対応中のようでした。ずっと「ゆにてく」を出さないで放置している(待つのも重要なことですが、傍目にはわからないでしょう。)のもまずいですから、個別の契約書をもらってAppleに送ることはあきらめました。

    結局のところApple側から指摘された通りに修正したのですが、この修正方法がなかなか厳しいものでした。とりあえずユニティちゃんが載っているところをなくし、スクリーンショットはタイトル画面だけにしてみました。
    これはアプリの内容がわからないという内容のリジェクトを受けました。仕方がないので遊んでいる場面のスクリーンショットを撮り、プレイヤーを消すという編集をして提出したところ通りました。(プレイヤーいないのって良いの? という疑問はあります。)
    move

    アイコンも内容がわからないですね……
    appstore-uniteku

    ゆにてくはリジェクトが多かったです。10回は提出してリジェクトされるを繰り返しました。iOSはリジェクトされるということを聞いてはいたのですが、実際に受けてみると非常に疲れたという感想です。 フリー素材とかは全然聞かれることがなかったのに不思議です。 

    Appleの指示通り直すとリリースはできるということがわかりました。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    11/15に『トランプ・ナポレオン』のiOS版をリリースしました。
    appstore-tn

    また今回のiOS版のリリースではAndroid版も4.0へとアップデートを行っています。 (iOS版も4.0となっています。) 
    4.0では「よろめき」の対応が一番大きいところでしょう。ローカルルールの中で「よろめき」というのはそれなりに知名度が高いようです。オールマイティが出ているトリックでハートのQを出すと、それが必ず勝つというルールです。
    yoromeki
    「よろめき」がないときは常に最強であったオールマイティが負けるルールであるので、ナポレオン軍に不利になります。連合軍でありハートのQを持っているときはよろめきを起こせるチャンスなので、ナポレオン軍に逆転する可能性があります。より勝敗が決まりづらくなり、最後まで楽しめるかもしれません。
    iOS版を出したことにより、それとAndroid版との通信対戦を対応することになりました。Unityの更新をしておくことと古いアプリが新しいものとマッチングしないように対応しました。またローカルルール「よろめき」のありなしをホストの設定から取得し、通信対戦のルールにそれを反映するようにしました。
    onlinesetting-yoromeki

    以前、『トランプ・ナポレオン』のルールという記事にナポレオンのルールを説明していました。 「よろめき」が追加されたので、これも更新しました。
    ルールを増やすと、そのありなしを判定してある場合はどうすればいいというようにAIの変更が必要になります。その対応が一番大変だと思います。 

    よろめきを追加したことで更にルールが複雑になりました。ナポレオンは非常に面白いゲームですが、バランス上5人専用ゲームでありルールを守れないと面白くならないという遊ぶにはハードルが高いものです。実際知っている人も少ないですし、遊んだことがあるという人はさらに少ないでしょう。ただナポレオンを遊んだことがある人は必ず面白いと言うくらい素晴らしいゲームです。
    30分くらいでルールが覚えられれば優秀だと思うほどの難易度ですが、はまれば人に薦めたいと思うはずです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    10/21に『FlashNumbers』のiOS版をリリースしました。
    fn-appstore

    以前作ったAndroid版の移植になります。作ったアプリの中でも時間がかかってないものです。動体視力を鍛えるものを何か作ろうと思って数日で大体作ったことを覚えています。

    一瞬だけ表示される数字を覚えて答え合わせをするだけのゲームですが、やってみると暇つぶしにちょうど良いです。自分の動体視力と記憶力を鍛えられるので、実益もあるかと思います。

    偶然知ったのですが、 あぷまがどっとねっと様に紹介されていて嬉しかったです。

    タイトル画面とリザルト画面では数字が降ってくるような演出がされています。気に入っているのですが、めちゃくちゃ重いのでここだけで使っています。タイトルのフォントは「数式フォント」を使わせてもらっています。
     dvt-title

    ゲームはこんな風に徐々に表示される時間が短くなっていきます。同時に覚える個数は3~7で難易度として選べます。7個はかなり難しいです。
    fn

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    9/22に『トランプ・スピード』のiOS版をリリースしました。
    i_ts

    以前作ったAndroid版の移植になります。このアプリが最もダウンロードされていたアプリでiOSでも一番期待しているものです。

    公開から2週間ほど経ちまして、ダウンロード数を見てみるとやはり一番ダウンロードされていました。それでも500ほどなので、多くはありません。
    iOSの方はどうやったらダウンロードが増えるのだろうかといえば、おそらくランキングに載ることでしょう。 このハードルがGoogle Playに比べて高いと思います。AppStoreのカテゴリ別のランキングではトップ150までしか載りません。Google Playだと500までなので、相当違います。急上昇のありなしも影響するところでしょう。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    10/6に「トランプ・17ポーカー」の公開ボタンを押しました。この記事を書いているときにはまだストアには上がっていない状況です。もうしばらくすればストアから配信されるでしょう。

    Android/iOSの同時リリースなのですが、iOSのリリースについて問題が少し起きました。トランプ・17ポーカーの審査は問題なく通ったのでアプリではなくiTunes Connectの問題です。

    手動で配信時期を決めるようにしていたのですが、審査が終わってあとはリリースボタンを押すだけというところでリリースボタンが押せなくなりました
    disable-release-button

    リリースボタンが押せないことをGoogleさんに聞いてもAppleのことだからか知らんぷり。そんなわけで今日は無理なのかもと思いつつ、適当にいじっていたら押せるようになりました。

    【解決方法】

    デベロッパによるリリース待ちという状態は、覚悟ができたらリリースボタンを押してくれという意味です。しかしながら押せないことが起こりました。
    この状態では審査が通った後なので、ストアの情報はほぼ変更できません。変更できないところをいじるとエラーと警告されます。

    以下のバージョンのリリースという項目が変更可能でした。手動か自動でリリースです。手動でリリースが選択されていたのですが、これを自動にして保存すると、”このバージョンをリリース”ボタンが押せるようになりました。自動にしたものを手動に再び戻しても、リリースボタンが押せるようになっていたので、これで問題なくなりました。
    howto-release

    ”このバージョンをリリース”ボタンが押せないときは、バージョンのリリースという項目を変更し、保存するとリリースボタンが押せるようになるのかもしれません。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    8/18に『トランプ・アメリカンページワン』のiOS版をリリースしました。
    appstore-tap

    iOSのアプリを作るのはこれが初めてのことなので、いくつか躓くことがありました。思ったよりは大変ではなかったというところでしょうか。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    iOSアプリ配布への道のり」に書いたようにMacBookが手に入り、iOSのアプリのリリースへ向けて動き出したところです。

    まずは最も新しいAndroidアプリであるトランプ・アメリカンページワンを移植することにしました。これはUnityのバージョンが新しいということでアップデートによる影響が少ないためです。
    Macにプロジェクトを持って行って、ビルドするとUnityエディター上では普通に動きました。これこそがUnityの大きな利点なわけですが、問題が起きずにそのまま動いたのですごいと思いました。UNITY_ANDROIDの定義によるところを少し直したくらいです。
    iOSのビルドでは2段階を踏みます。UnityでのビルドではXcodeのプロジェクトが作られます。この先はXcode上でビルドをしてアプリを実機にインストールするというようになります。iOSのアプリはすべてXcode上で作らなければならないということです。(Androidではここら辺が自動で行われ、APKが得られるので楽なんですが。)

    Xcode 7からはApple Developer Program(AppStoreにアプリを配信するには契約が必要)に参加しなくても実機にアプリをインストールできました。とりあえずアプリが作れるのか試すという意味では無料であるというのは良いです。実機の方でアプリを信頼するかという質問に答えれば使えるようになりました。
    Apple Developer Programを契約するとアプリの作成時の署名等が変わります。このあたりが過去の情報だとかなり大変だというかわかりづらいそうですが、現在はすべてXcodeがFix Issueと割と自動で直してくれます。

    「AdMobの対応の情報で正しいものがどれなのか?」ということが一番迷いました。色々な方が問題に遭っているようで自分が遭遇したものを順番につぶしていくしかない感じです。AdMobのUnity向けのプラグインを使っているのですが、Google Mobile Ads SDKをiOSでは追加する必要があります。Unityのプロジェクトに入れたほうが楽ですが、Xcode上で後から追加しても良いようです。このSDKをWindowsでダウンロードしたものを使うとなぜか駄目でMacでこのSDKをダウンロードしないとうまくいきませんでした。
    まあそういうものらしいですが、納得いかないですね。

    トランプ・アメリカンページワンをiOSに移植がほぼ完了したので、予約を受け付けることにしました。 
    他のAndroidアプリも順番に移植を進めていきます。 一つ完成させられれば、あとはそれに倣っていくだけです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    MacBook Proの購入予定」でMacBook Proを買うつもりだったのですが、新型がでるかもという噂だけがあり本当に今年に新しいものがでるのかわからない感じです。MacBook Proを買うことが目的ではないので、MacBookという機種を買うことにしました。MacBookは小さくてとても軽いようです。

     macbook
    本体の性能は2つ選べることがあって、モデルとCPUがそれぞれ2つから選べます。全部で4種類です。モデルというのはCPUとSSDの違いです。
    macbook-storage

    下はCPUをCore m7にするオプションで高い方のモデルを選んだ場合の選択肢です。148800円のモデルの場合はCore m7にするには30000円追加で必要です。
    macbook-cpu
    Core m7にするオプションの差額からモデルの金額の差の内訳を計算してみると、CPUの差の分が12000円だと思われます。よって、SSDの差の分は24000円となります。

    高いけれど性能が低いと嫌なので、最高の性能で注文することにしました。202800円でした。ノートパソコンの値段としてはかなり高いと思いますが、ブランドなのでそういうものでしょう。かっこいいパソコンだと思います。


    iOSアプリの開発が目的なので、ついでにiPod touchも買っておきました。Appleのページの上のタブにiPodがなくなっていてページ下部のリンクから行くようです。iPod touchには、あまり力を入れてないのかもしれませんね。
    ipod-link

    iPod touchはストレージの量だけ違い、4種類あります。(性能に関係ありませんが、色もいくつか選べます。)
    ipod

    MacBookとiPod touchで合計232600円でした。 
    MacBookはCPUの変更オプションがあるため1週間ほど後に来るようです。iPod touchは翌日に来るそうで早いですね。 

    Macを買うのは初めてなので、わくわくしています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    Unityでアプリを作成したとき、SNSへの投稿を簡単にすることができるものがあります。「Social Connector」というものでUnityの人が作っていて有名なようです。

    AndroidとiOS用に作られていて各種SNSに投稿できるようになるプラグインとなっています。(正確に言うとAndroidはC#のスクリプト上で実装されているので外部コードを含まずプラグインではないです。iOSはObjective-Cを含んでいるのでプラグインです。まあ、気にしなくていいことですが。)

    テキストとURLと画像を1枚まで投稿することができます。URLや画像はオプションです。画像を使う場合は画像ファイルのパスを渡します。画像を使う場合はその画像にアクセスできるようになっていることが重要です。(権限や存在を確認する方が良いです。)
    利用に関してのライセンスも制限が少なくて利用しやすいです。


    今のところ私はAndroidでしか利用していないのですが、将来的にはiOS用のアプリを使って利用したいと思っています。そこで少し気になることがあるのです。

    iOSではLINEのアイコンを入れることが必要です。(Androidでは入れなくても問題なく使えます。)
    このLINEのアイコンはここでダウンロードできるのですが、 してはいけないこと変形・加工と明記されています。アイコン(PNG)をダウンロードすると、350x350の画像しかないので、Social Connectorの要求する57x57、114x114、120x120、180x180、72x72、144x144をどうやって用意すればいいのかがわかりませんでした。加工が禁止されているので、画像を縮小することもできないので、どこかに他のサイズを公式に提供しているのかもしれませんが……

    上に書いた懸念はロゴを改変してないということでおそらくは杞憂なのでしょう。そうでなければサイズ違いのアイコンを使うアプリで使用できなくなってしまいますから。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    個人でも無料でレビュー依頼ができるサイトをこの記事にまとめておこうと思います。
    レビューの依頼をして載ったことがあるものを一覧に追加していきます。50音順に載せていく予定です。
    Android/iOSのどちらかのみ対応の場合は明記しようと思います。

    Appliv
    ユーザーがサイト上にレビューを書いていけるのが特徴的だと思います。
    レビュー依頼はサイト下部にあるリンクからいける専用のフォーマットで行いました。

    オススメのスマホ無料ゲーム
    Twitterのフォロワーだと優先的にレビューをしてくれるようです。とてもありがたいと思います。またフォロワーのアプリのレビューであると明記されているため、「なぜこのアプリを取り上げるの」という不公平感がなくて良いです。しっかり遊んでレビューしてもらっていることがわかる内容で良い点・悪い点を述べていることが役に立つと思います。5段階評価で大体の内容が把握できるのも見やすくて良いです。
    レビュー依頼はTwitterで直接依頼しました。 

    クソ研
    クソゲーをレビューしていくコンセプトのサイトです。クソゲーだけ扱うように見えますが、面白いアプリのレビューもされています。遊んだときのここが駄目というところをおもしろおかしく取り上げているので読み物としても良いし、開発者として意見を参考にするということもできるかと思います。
    レビュー依頼はTwitterで直接依頼しました。 
    (現在は休止されているかもしれません。)

     

    このページのトップヘ